2009年04月12日

国宝「阿修羅展」を見てきました。

KC380804.jpg前売り券をさらに安く入手出来たので、頑張って行く時間作りました。
国宝・八部衆像、国宝・十大弟子像の現存するものがすべて見られるのが今月19日まで。
見に行くならそれまでにと思ってたので、なんとか都合ついて良かったです。

私が行った時間には入館30分待ちで、建物の外に列が。
暑いけど、日傘の貸し出しがあるのがうれしい。

第一会場と第二会場、どちらから回ってもいいのだけど、
音声ガイダンスの貸し出しが第一会場側にあるので、そのままの流れでか、第一会場のほうが混雑していたように思いました。
見所の国宝・阿修羅像をはじめとした八部衆像、十大弟子像の展示は第一会場なので、やっぱり早く見たいですもんね。
私はいつもながらに借りずに見学。

阿修羅像は他の像と別に、360度、見ることが出来ます。
立ち止まれないので少しずつ歩きながら、天に伸びる腕、きりっと整った顔、質感まで感じさせる模様が鮮やかな衣まで、立ち姿を堪能しました。

第二会場の、鎌倉時代に造られた四天王立像や薬王・薬上菩薩立像も含めて、興福寺に安置されている普段の状態ではなかなか見られない、背中や側面など、色々な方向から見られるのがいいですよね。

四天王立像の迫力ある姿は、顔の表情だけでなく、
ひるがえる着衣や、たっぷりした身体の厚みなど、色々な角度から見ると一層迫ってくるものがありました。

着衣に施された模様が部分的にまだ残っているのも、背後から見て初めてわかるものがありましたし。
仏像は全然詳しく知らないけど、時代が変わると表現も変わるけど、顔の表情まで細かく造り分けてるものなんですねぇ。
見応えありました。

ミュージアムショップを見るのも楽しいのだけど、今回どさくさに紛れて(?)みうらじゅんとアルフィーの高見沢のCDアルバム『愛の偶像』なるものまで売られてました(笑)。
あと、鹿の角が生えた仏像キャラグッズも(笑)。
意外に人気なんだろうか???


疲れたので、あんみつ食べて休んでから、本館の展示も少し見てきました。
江戸時代に発行された、食べ物に関する本。
江戸時代に発行された本って、食に限らず、化粧とか読み物とか、今見ても面白いんですよね。

まだ出先です。
これから軽く買い物して帰ります。
充実した休日でした。
posted by エマ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館・美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

NHK『桂離宮』

今見たとこですが、あまりに素晴らしかったので記念ケータイ更新。

京都は何度も何度も行ってるのに(極短期間住んでたこともある)、桂離宮を見学したことはありません。
予約抽選制なのでしたよね、たしか。
番組では宮内庁ウェブサイトで詳細確認を、とのことでした。

ふすま、欄間、引き手、屋根、柱、庭、池、生け垣…
ありとあらゆる意匠に緻密なこだわりと、職人芸を感じさせる建物全体の見事なこと。

赤い夕景にくっきり黒く浮かぶ離宮のシルエット。
闇夜、空に浮かぶ月、池に映る月(月はいかにもCGぽかったけど…でも風流)。
窓から見える鮮やかな新緑。
美しい建物、美しい景色。
美しい季節のうつろい。

素晴らしすぎ。
眼福、眼福。

録画しておけばよかったな〜。
心がささくれた時に見て、なごみたい。

今回の放送を是非とも再放送していただきたいです!
posted by エマ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。