2010年07月04日

6月29日 シアターχでの“チェーホフ”

「第9回シアターX国際舞台芸術祭IDTF2010」6月29日(火)19時30分〜22時20分頃まで
シアターχには初めて行きました。
時間あったら回向院にも行きたかったな(さすがに夜は無理だ)。

客席に入ると、緞帳の下がっていない舞台にゴールド系のエスニックな雰囲気の布が天井からあしらってあるのが目に飛び込んでくる。

「ManamIdumi Dance Theater マナミイヅミ ダンスシアター
鏡から鏡へ 〜いないいないばぁの私
From mirror to mirror〜Playing Peekaboo〜」

出演:山田いづみ(Dance)Idumi Yamada、瀧田真奈美(篠笛)Manami Takita
特別出演:富士栄秀也(ネイキッドヴォイス)Hideya Fujie

恥ずかしながら私はチェーホフの作品をろくに読んだことがなく、今回の舞台を観るにあたって予備知識を仕入れようとはしたのだけど、この人たちのは調べがつかなかったので、まっさらな状態で観た。

客席の照明が落とされ、暗闇の中、頭上から笛の音。
スポットライトに照らされ静かに舞台へ歩み寄り、やがてダンサーが登場。
何かに引っ張られているような抵抗感、ちょっとパントマイムのような感じもする。
そのうち、男性ボーカル登場。
どこかしらの国の言語とは思われないような、言葉でもなくスキャットでもなくメロディもない、意味があるのか無いのかもわからない、高かったり低かったりする「声」のパフォーマンス。

創作ダンスの舞台をちゃんと観たのは初めてなのだけど、これをどうにか理解しようとしても私には理解できなかった。
怒りなのか、悲しみなのか、嬉しさなのか、笑いなのか、それとも???
声のパフォーマンスは高低・強弱豊かで『すごい』とは思ったけど、ボリュームがありすぎて最後は耳をつんざく騒音に聞こえてしまった。
実際に耳が痛く、大変不快だった。
それもまた「感じとった」ことにはなるのかもしれない。広義では。
この三者の表現に何らかの意味を感じ取ろうとすること自体、意味がない行為なのだろうか。
一瞬、笑いの要素をつかみかけた場面はあったのだけど、そこに至るまでがつかめていないので、そこだけ突然出てきたような感じがした。
15分間の予定だったけれど、非常に長く感じた。


10分程度の休憩時間を挟み(カーテン撤去タイム?)
ダメじゃん小出「さかな Sakana」
緞帳が開くと、黒いがらんどうの空間。いつもの小出さんの舞台空間よりかなり広い。
日本時間でこの日の夜中に行われる、ワールドカップサッカー予選リーグ日本対パラグアイ戦に軽く触れる。
思えば10日前のソロ「負け犬」の時もオランダ戦とかぶっていたのだった。
サッカーがどうでもいいというより(笑)、時間がずれてるんだから両方楽しむことは十分可能だよねぇ。

チェーホフ短編『魚の恋』
別荘の池にすむ鮒(フナ)が別荘に遊びに来たお嬢さんに恋をしたけど『どうせダメだろう』と悲観主義(ペシミズム)的になり、死ぬなら娘に釣られて死にたいと思ったけど釣り針に唇だけ残して池に落ちてしまって気がふれ、後日泳ぎに来た詩人を娘と勘違いしてキスしまくったら詩人に悲観主義がうつり、詩人が新聞社に行ってペシミズムあふれる詩を発表しまくったので、そこに出入りしている他のアーティストにもペシミズムが移り、だからロシアの詩人は悲観的な詩ばっかりなんですよーという、シュールな一品。

これをどんなふうにアレンジしてくるのかと思っていたけど、基本的に、これまでのライブで既に発表されたネタをベースにしたものだった。
客席を「別荘の池」に見立て、自身は別荘の管理人のおじいさんに扮する。
池のフナに「子ども手当」「消費税」等の餌を巻く老人。
別荘の主が頻繁に替わることをなげく。
魚たちももっと怒ればいいのに、何を悲観的になっているのかとつぶやきながら。
次のご主人が何カ月もつか賭けてみるかとつぶやきながら。
様々な問題を投げかけて終わる。

8か月でやめた前の主人を鳥に見立てて揶揄する言葉遊びのネタは、5月のTokuzoやにぎわい座でも披露しているもの。
何回も聞いたはずなのに、何羽の鳥が出たか、いつもわからなくなる。

やっぱり、言葉で理解できるのは気持ちがいい。
ホッとした。
言葉じゃなくてもいいけど、どう思っていいのか感じ取れるのは気が楽だ。
ただ、チェーホフの短編と、もともとの小出さんのネタを強引にこじつけた感じも少々。
初めて見たなら、そうは感じなかったかもしれない。
舞台を頻繁に観に行くのも善し悪しあるということか。

【続きを読む】


posted by エマ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。