2011年09月19日

タイムスリップ2題(その2)『Letter』

2011letter.jpg9月に観たもの(1)『Letter』2011年9月3日(恵比寿 エコー劇場)

滝口幸広(溝口譲)
佐野和真(谷山利雄)
西川可奈子(谷山静/上田静江)
北村栄基(谷山勝英)
水谷あつし(市川正雄)
両國宏(藤本優)
浅川クミ(市川富子)
青木映樹(新井学)
柴嶺亮(矢上清隆)
中村康介(加藤明彦)
小林祐久(泉川次郎)
森郁月(石田キク)
李里杏(矢上幸子)
木下かれん(見戸春菜)

-----

滝口幸広くんが出るということで、戦国鍋TV俳優シリーズです。
徳川慶喜での軽い役どころが妙にハマってて、だからこそ他の芝居を観てみたくなり。

終戦の8月15日、玉音放送前に本土から最後の特攻を行った茨城県の特攻隊の話をもとに書き下ろされたのが今回の脚本で、実際の関係者たちの名字を役名にしたんだそうです。

現代の茨城の夏祭りの場面から始まる舞台。
メールの返事が遅いんだかそっけないんだか、しょうもないことで喧嘩になっていた滝口演じる溝口譲と、静。
舞台へ出てくるのに客席通路も使う演出。
今度メールをくれる時には必ず文末に笑顔の顔文字をつけることを譲に約束させる静。
言い争いもバカバカしくなり仲直り。そこへ落雷。
倒れた鳥居の下敷きになり、静の誕生日を祝い、力尽きる譲。

譲が目覚めると、見知らぬ部屋で肌着だけで布団の上に寝かされていた。
部屋に入ってきた女性とまったく話がかみあわない。
話を聞くうち、どうやらそこは1945年8月の日本とわかる。

その後譲は、近くの海軍航空隊基地に身を置くことになり、他の訓練兵とともに過ごすことになる。
3日後の終戦を知らない当時の人々。
日本は負ける。
未来からきた譲の話を信じる者も信じない者も、それでも流れを止めることは出来ない。
8月15日、正午の玉音放送を前に、最後の特攻隊は飛び立った。

現代の茨城。
戦争展示を見に来る静たち。
そこに展示されていた、特攻兵の手紙。
宛名は「静へ」
文末には、当時にそぐわない笑顔の顔文字が書かれていた。


------
2時間弱の舞台をざっと文字にしてみました。
…落雷〜過去へタイムスリップ。
奇しくも先週見た「三億円事件」と同じ設定。
いやいや、偶然とはおそろしい(笑)。

【続きを読む】
タグ:滝口幸広
posted by エマ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムスリップ2題(その1)『バック・トゥ・ザ三億円事件!』

8月に観たもの(6)『バック・トゥ・ザ三億円事件!』2011年8月27日(土)(下北沢・北沢タウンホール)

久永輝明(涼介)
高山猛久(犯行グループリーダー・橘)
中村龍介(拓海)
工藤亜耶(1968年喫茶店員)
福田ゆみ(犯行グループ・リサ)
大山貴世(橘の妹・遥香)
平川舞弥(涼介の恋人)
仲沢景(ヤクザの組長)
長尾卓也(犯行グループ・テツ)
大高雄一郎(犯行グループ・翔太)
武井淳史(ヤクザの手下)
田所治彦(犯行グループ・トオル)
椎名敦士(ヤクザの手下)
笑門福(スカウトされる女)
近藤奈保妃(涼介の母と祖母/二役)

演出 まつだ壱岱
脚本 阿相クミコ

--------------
 戦国鍋シリーズです(勝手にそう決めてるだけですが)。
七本槍かたくん・アイランドこと中村龍介くんと、キャバクラのボーイ・高山猛久さんが出るというのもあったけど、
何しろテーマが、あの三億円事件。
日本犯罪史に残る未解決事件の一つでしょ?
これはもう絶対面白いに違いないと。

役名はパンフ買わなかったので役者さん達のブログ情報から。
全部を逐一チェック出来るわけではないですが、役者さんたちの準備の様子が垣間見えて面白いですよね。
皆で作り上げる舞台って、楽しそうって思えてちょっとうらやましくなります。
もちろん、それと舞台観た感想とはまた別ですが(笑)。






【続きを読む】
posted by エマ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

8月に観たもの(5)『12人の優しい殺し屋』

2011yasakoro.jpg
『12人の優しい殺し屋〜狙われた豪華客船〜』2011年8月20日(青山円形劇場)

中尾 明慶(戦場カメラマン・日下部春流・アクエリアス)
阿部 力(詩人・翻訳家・武内直樹・サジタリアス)
竹内 寿(漫画家・飛鳥勇気・キャンサー)
菊田 大輔(料理人・白神彰・タウラス)
古川 雄輝(メイクアップアーティスト・斑鳩公平・ライブラ)

千代 将太(シージャック犯リーダー)
風間 晋之介(シージャック犯サブリーダー)
小島 祐輔(製薬会社の息子・新薬開発チームリーダー)
池田 絢亮(製薬会社新薬開発チーム)

載寧 龍二(占い師・真宮陽介 ※映像出演)
山崎 裕太(ターゲット・大学教授古城慎一)
大石 吾朗(真宮の執事、豪華客船のお客様係・静 宗舟)


鍋TV俳優さん(私的に)シリーズ!
今回はマルチノ・ウッコン・ハイネックの菊田大輔。
ホリプロの若手俳優さんたちによる舞台ということで、昨年の再演だそうです。
今回の出演者では、山崎裕太、中尾明慶はテレビでも見るけど、あとは初見。
半額くらいでチケットを入手できたので行けました。

“現代版・必殺仕事人”
ふだんはそれぞれの仕事に従事しお互い交流を持たない12人。
指令があれば秘密裏に任務に当たるが、今回のみ、1人を4人がサポートするかたちで5人で任務に当たることに。
表向きは無関係を装って秘密裏にターゲットを始末する。
舞台は洋上、豪華客船。目的地に到着する前に任務を終わらせなければならない。

最初の設定が12人で、殺し屋たちは12の星座を当てはめられている。
こういう設定、人気があるんでしょうかね?
7月に観た「十二人の怒れる人々」(高橋良輔)はもとのアメリカ版から触発されたのが無数にあるし、星座に当てはめてるのは「聖闘士星矢」とかも思い起こさせる。
豪華客船っていうのも、人気のモチーフですよね。密室だし非日常だしドラマが起こりそうで華があって。

【続きを読む】
タグ:菊田大輔
posted by エマ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

図書館

今日は図書館に寄ってから帰宅。
目当ての本は意外にも在庫のほとんどが貸し出し中。
貸出OKでもよそから取り寄せのものも。
いくつかの本の取り寄せ予約して、書架にある中から1冊だけ借りてきた。
ふだんの通勤中に読むことができないので、それ以外の時間でだらだらしつつ2週間で読める程度というと、こんなもんなのだ。

今日は月曜日。

昔だったら図書館は閉館日。
今も場所によってはそうだけど、幸い通勤中に行ける便利な場所のが、隔週で月曜開館なのだ。
しかも平日は夜9時までやっている。
仕事帰りに無理せずゆっくり行けるのは、ほんとうに便利。

それにしても、私はなぜか月曜日に図書館に行きたくなることが多い。
仕事帰りに行けばいいか〜と思って、いざ心配になり昼休みに確認したら、2分の1の確率で休館日。
うまいこと開館日だったら何の問題もないけど、何しろ2分の1の確率。
閉館日に当たることもある。
ところが気持ちが向かっている時に限って他の曜日は別の用事が入っていて行けない・間に合わないってことが多いという…。
そうやって気がそがれて、次の予定が決まらずなかなか行けないうちに、すっかり忘れてしまったりも…。

いかんいかん。
こんなだから自分が空っぽになってしまう。
そうならないように、ならないように。

これからも2分の1の確率で、気の向かうまま図書館に足を運ぼう。

あ、本屋さんにもね。
posted by エマ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

10年と6カ月

9.11から10年。
3.11から6カ月。

月日の流れは早いけれど、遅い。
月日の流れは優しく人を癒すこともあれば、残酷に人の心を蝕むこともある。

10年たって身元がわかる人もいる。
6カ月たっても行方のわからない人がたくさんいる。

「今、生きている人を助けてください」
被災地で今を生きている人が発した言葉。
この願いは実現したといえるのだろうか?

大地が揺れる。
海が荒れる。
目に見えない恐怖。
空からの猛威。

新潟、福島、奈良、和歌山………。

一個人にすぎない私に出来ることは微々たるものだ。
大きなことを出来る力はない。
でも、小さいことを長く。

残暑の残る時、寒さの残る時、一層強く思うことになるだろう。
短くあってほしいと願い、それでも先は長いのだろう。
長期戦にはそれようの覚悟が必要だ。
当事者だけが負うにはあまりに大きい。
完全に共有することは不可能だけど、忘れずにいる。

これからも続く話。
posted by エマ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人から一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

のだよしひこ

決戦投票、蓋をあけてみれば
まさかのヨシヒコ総理。

勤務中、うちの職場では閣僚の顔ぶれがどうなるのかが話題の中心でした。

私はそれもそうだけど、
まつ毛が気になってしょうがなかったです。
上まつ毛もだけど、特徴的なのは下まつ毛かも。

あ、そういえば交代時恒例のような死刑執行、
今回はありませんでしたね。
posted by エマ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。