2009年08月03日

裁判員制度導入後、初裁判開始

今年5月に制度が実施された裁判員制度、いよいよ、実際の裁判が本日東京で始まりました。

ちなみにワタクシ、どこの都道府県とは言いませんが、今年の候補者には選ばれておりません。
残念だなー。参加してみたかったんですけどね。
そういう人にはお手紙来ないのよね(笑)。

最初ということでNHKではリアルタイムで特集を組むなど、全国的に注目を集めることになるのは避けようがなかったんだろうな。
でも、今日抽選に漏れて裁判員に選ばれなかった人たちが顔を出して取材を受けていたのは、ちょっと驚きました。

現在候補者となっている方は、年内いっぱいまでがその期間で、来年1月にまた改めて候補者がランダムに選ばれるのでしたっけ。
だからそれまでは、ずっと候補者。
今回は抽選から漏れても、次の機会には招集がかかり、裁判員に選ばれるかもしれないわけですよね?
テレビニュースで顔を写してしまうのは、その人が裁判員候補者に選ばれたことを大々的に広めているってことなわけで。
ほとんどはその人のことは知らないだろうけど、顔だけは知ってる人もいるでしょう。
知らなくてもいいような人にまで、知らせるメリットってあるのだろうか?

それと、実際の法廷で、裁判員が傍聴人から見られているというのも、裁判の中身によっては今後問題が出るかもしれないな。
今回の裁判では、被告は起訴事実については認めており、公判前手続によって、量刑を問うのが裁判の焦点となっているそうなので大丈夫だろうけど、例えば、暴力団が関与している事件だったとしたらどうだろう?
裁判員として、限られた傍聴人相手とはいえ顔を知られるというのは、裁判員となった人への万一の報復行為に結びつく危険はないのだろうか?

世間で話題になった事件だと、傍聴席の数を超える希望者が出て抽選になることがよくニュースになってますが、
自ら並ぶ人のほかバイトで並ぶ人もいるけど、その依頼元は、単に裁判に興味があって傍聴する人とは限らないのでは?
まして今回、第1回だからということで、今か今かと待ち構えられている「裁判員から被告人への質問」とかさ。
そんな状況では質問しにくいんじゃないのかね?
今回は裁判官からの質問で足りたようですが、初回だからといって変な注目を集めるのは不本意だと、遺族の方が手記を発表してますからね。
ともあれ、木曜まで手中的に審理が行われ、木曜には判決が下されるわけですね。

せっかく制度を導入したわけだから、今後も公平かつ迅速な裁判が行われるよう願ってますよ。


ラベル:裁判員
posted by エマ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。