2009年08月07日

NHKといえば

この一つ前の記事にNHKの番組のことを書きましたが、
この季節、NHKといえば戦争ドキュメンタリーなんですよ。

夜中に集中的に放送してるの、寝る前につい見てしまうんです。
寝れるわけないのに。
生きて帰らない人間魚雷とか、3年もジャングルをさまよったニューギニア戦線とか、
寝る前の気持ちを安らげたい時に見るものじゃありません。

おかげで最近、四時間睡眠です。
まだなんとか体は大丈夫です。

仕事でそれなりの年齢のお年寄りと話す機会があるのですが、
かくしゃくとして、やさしくて礼儀正しいおじいちゃんが、
実は東京大空襲の生き残りだったとか、海軍だったとか、赤紙を配達していたとか。

年寄り特有の『他人の話をきいてない』『でも突然自分の話を語り出す』とか、多少のワガママも、戦争ドキュメンタリー見ちゃうともう、逆らう気持ちがなくなりますね。


あんな大変な時代を生き延びたんだから、ちょっとくらいワガママ言ったっていいじゃないか。
気分よく喜んでくれるなら多少の無理はかぶろう。


そんなふうに、年に一度思い直す季節ですね、夏というのは。


ラベル:NHK
posted by エマ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。