2006年04月19日

カメラ業界生き残り話。

キタムラ、カメラのきむらを買収のニュース。

キタムラがきむらを6月末をメドに買収、1年以内に完全子会社化していくようですね。


私が時々利用しているのは、「カメラのきむら」のほう。
コダックプリントはここに出すことにしています。

また、カメラの中古販売も行っているのですが、
ここでCanonの純正レンズの旧モデル(ですがコーティングは現行モデルと同じもの)を現行量販店価格の半分以下で購入できたこともありました。
まさに探していたところに委託販売で置いてあったものだから、
『私のために売られている!』とまで思えたくらい、タイミングも価格も絶妙だったので、思い出に残っています。
もちろん今も使っています。

さしあたってはお店の営業は従来どおりとのことですが、
カメラのきむらサイトで株式譲渡についての文章を読んでいたら、
デジタル隆盛、フィルム下降傾向にあるカメラ界の、
生き残りをかけた戦いをひしひしと感じさせられました。

プリント技術を維持してくれるのが一番の希望です。


ラベル:キヤノン カメラ
posted by エマ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。