2006年08月29日

記憶の扉が開かれて。

先日の土曜日、プリンスアイスワールドを観に行ったら、
村主章枝選手が新しいエキシビションを披露していた。

「イパネマの娘」

スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト…でしたか?
10代の頃すごくボサノヴァにはまっていて、その頃買ったCDにも名曲ゆえ当然入ってて、
何度も聴いているので間違いないと思うのだけど、いかんせんそのCDが手もとで見つからないという失態(爆)。
よって未確認なんですが。
いろんな人が歌ってますからね<「イパネマの娘」。
ポルトガル語だったり英語だったり。両方だったり。

まぁとにかく、ずいぶん以前にはまってた(けど最近聴いてなかった)
音楽にふれてしまったものだから、その頃聴いてたCDも芋づる式に聴いてみたくなり。

中でも久しぶりに聴いたのがコレ。
映画『フェティッシュ』(←邦題。原題は『Curdled』)のサントラなのですが、1996年発売と古いので(爆)代わりにDVDを貼っておきます。

【後日、探したらサントラありました!】

『フェティッシュ』サントラ盤


「殺人事件マニアの女の子が、事件後の部屋の片付けのアルバイトを始めて…」という内容だったようなうろ覚えの記憶しかありませんが、
最初は映画の内容に興味があって映画館に行ったのでした。

そして映画を観終わってすぐ、「このサントラ、買う!」と決めた次第。

思い切りラテンで、楽しい気分になってきます。
ふだん、文字を書くときには音楽かけないし、テレビがついてても集中してるので音は耳に入ってこなくなるんですけど、
今日はちょっと趣向を変えて。
というわけで、今日のブログのBGMはこのサントラでした。



posted by エマ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CDの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。