2006年04月01日

ストレスフリーになれる三脚!


スリック雲台 SLIK AF1100

スリック三脚 SLIK ABLE 400 DX−LE


Kiss III入門キットを下取りに出した時、
一緒についてた聞いたことないメーカーの(苦笑)三脚は出さずにそのまま使っていたのですが、
(といってもふだんは手持ち、使うのは仕事で集合写真撮る時くらい)
7sや20Dではあまりに重量バランスが悪く、ふだんでも使う気がしないので、
思い切ってしっかりしたのを買いました。

たまに使うからなおさら思うのでしょうけど、雲台の操作が面倒に思ってました。
SLIK AF1100は、グリップを握るとあらゆる角度に動かせて、手を離すとそのまま固定できます。
カメラをセットした後は、手持ちとあまり感覚変わらないんです!

これをつける三脚ということで、店員さんに相談した結果、ABLE 400 DX-LEにしました。
画像では雲台がついちゃってますが、脚の部分です(^^;
それまで使ってた三脚と同じレバーロック式の脚なので、慣れてるから。

ふだん手持ちで気軽に撮りたい派なので『もうちょっとコンパクトにならないか?』というのが本音ですが、
ポジションや条件によっては三脚がないとツライこともありますのでね。
中腰でさらに上を狙うとか、重いレンズでシャッタースピードが下がってるとか。

そういう意味では、ストレスフリーな三脚セットです(^^)


ラベル:カメラ 雲台 三脚
posted by エマ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。