2010年09月01日

羽田から海外へ

今年は海外に行く予定無し。
なのですが、やはり興味津津なのが、羽田空港からの国際便就航。

2年前にこのブログでも触れましたが、羽田〜パリ路線はちゃんと就航しそうですね。
ニュース後、まさかのJAL経営破たんでもうこの話もなくなるかと思ってましたが…。
>> エールフランス
>> 日本航空
10月31日からの羽田〜パリ路線のスケジュールは下記のとおり。

羽田−パリAF283便 午前1時30分発   パリ到着同日 午前6時20分
パリ−羽田AF282便 午前11時発     羽田到着翌日 午前6時55分
※ともにJAL機材、サービスによるコードシェア便。
 

羽田空港からは、来年1月31日からバンクーバー便も就航します。
>> エアカナダ
羽田〜バンクーバーの時刻表はこちら
【AC6】
毎日 羽田発00:30 / バンクーバー着16:25(前日)

【AC5】 
月・水・金・土  バンクーバー発19:30/  羽田着23:00(翌日)
火・木・日 バンクーバー発19:00/  羽田着22:30(翌日)
※座席数211

普通に働いた後、羽田を夜中0時30分に出て、前日の夕方にバンクーバー入り。
夕飯の頃までには街中に出て、ホテルにチェックイン…という流れになるでしょうか。
帰国便を羽田にすると、曜日によって違うけど、夜22時30分から23時00分着なので、空港近くのホテルをとって後泊しないといけないでしょうか。
次の日仕事だったら、早朝チェックアウトして、そのまま出勤というのも、キツイけど出来なくはないか?
行きは羽田発、帰りは成田着にするというのも考えられるか。

羽田発着だと空港までの移動は楽なのだけど、成田のほうが、「よし、これから海外に行くぞ!」という気持ちが高まるような。
免税店なども成田のほうが充実してるでしょう。
まぁ、帰国便に使うのなら意味ないけど(笑)。
行きも成田でもいいんだけど、そこまでの移動を考えると、夕方便だからって、その日午前中働いてから出かけるというのが、中途半端だったりするのだよなぁ。
結局一日休暇をとることになるわけで。

まぁ『使うとしたらこうかなぁ、ああかなぁ』と、あれこれ考えるのは楽しいですね。
鉄道の旅、船旅、飛行機の旅。
手段は違っても、どういうふうに移動するかを何パターンも考えるのは本当に楽しい。
遠足は準備が楽しいのと似ているかも。


7月から9月末まで、私の職場は交代で夏休みに入ります。
旅行や帰省に行った人からお土産をいただくこともこの時期恒例なのですが
(私も7月に出かけた時のお土産を配りました)
先日、ドイツに行った人からリンツのチョコをいただきました。
2粒ずつ。暑くてとけそうだったので、昼過ぎに配られてすぐ食べました(笑)。
おいしい〜〜〜。脳に栄養。
これくらいの、一口で終わるようなものが、配るほうももらうほうも負担がなくていいんですよねぇ。
いいなぁ。
私も遠くに出掛けたいです。
posted by エマ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

茨城空港から国内線消えず

6月25日の日記で、9月から茨城空港からスカイマークエアラインズが神戸便を撤退させるというニュースについて書きました。

今日、スカイマークは10月から神戸〜茨城便を再開させることを発表。
それだけでなく、今年度内には、新千歳空港と中部国際空港へそれぞれ定期便を運航予定であることも表明。
産経新聞

…大きく出たなぁ。

いやいや、よかったよかった。

6月にも書いたけど、本当に外国経由の国内移動になっちゃったら、笑うに笑えないとこだったものなぁ。
国際線と繋がる空港への運航の道が開かれたことで、首の皮一枚繋がったのでは?
実際に運航計画を見ないとわからないけど。

茨城の人が名古屋に行くのに、東京から新幹線で行くのと、飛行機使うのと、高速バスで行くのと、
どういうルートがメリットあるのか、これもまた、実際に就航しないことには比べられないよなぁ。
posted by エマ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

外国経由の国内移動

「スカイマーク、9月から神戸〜茨城便を運休へ」
>>プレスリリース

黒字運営が困難…と、一言でいえばそういうことだけど、
一企業の努力だけではどうにもならない問題が背景にあるようですね。
茨城空港は自衛隊百里基地と併設なので、そちらの都合で運航スケジュールを変更させなくてはならない場合がある。
けれども、機体繰りがつかなくなれば、玉突き的に他の路線に影響してしまう。
それでは黒字を望めないと。
詳しくは上記リンク先のプレスリリースをご覧ください。

今年の春、SOIを観に東京に来た友人と、地方空港をどうやって利用するかで盛り上がったんですよ。
ただ最寄駅から空港リムジンとかで遊びに行くのではなく、飛行機を使いたいとなると、どうするか。

例えば富士山静岡空港なら、北海道か九州経由で静岡入り(または逆)というプラン。
3月末でJALは撤退したから、4月以降はフジドリームエアラインズ(FDA)という、静岡の企業が出資した航空会社が就航。
同様に、茨城空港を利用するには、スカイマークの神戸経由かアシアナ航空の韓国経由だね〜と、半分冗談で、大いに盛り上がりました。

…冗談じゃなくなっちゃいますね。

茨城空港を定期便で利用するには、9月以降は韓国経由。
7月末から春秋航空っていう中国の格安エアラインのチャーター便がとりあえず2か月間の上海からのチャーター便として始まるそうですが、
どのみち、茨城空港に乗り入れる国内便がないってことには変わりなし。

とりあえず、私が茨城空港を使う予定は当分無さそうです。
posted by エマ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

燃油サーチャージ4月からさらに下がる

>>フジサンケイビジネスアイほか

JALやANAで4〜6月の燃油特別付加運賃が改定され、現行で欧米路線22,000円が3,500円に下がるとのこと。
中国路線が6,000円から500円に、韓国路線は2,500円から200円に。

今後2〜4月の平均燃油価格が1バレル=60ドルを下回れば、燃油サーチャージは廃止になるそうなのですが、
さて、どうなるでしょうかね???

燃油サーチャージって、航空会社によって違いますよね?
昨年11月にパリに行った時のAF往復運賃からTAXを引くと、8,510円が残るので、これが燃油サーチャージに相当した部分だったのかな?
よくわかりませんが、オンライン予約で直行便でいくつか検索したかぎりでは、その時点でのJAL、ANAとAFの運賃は倍ほども違ってたんですよね。
単に日本でまだ正規割引運賃が出てなかったのかもしれないけど、
出ていたところで、やっぱり高かったと思いますね。
航空運賃に上乗せされる燃油代金が全然違いましたからね。
早く予約したほうが安心だし、機内から外国気分を…というわけでAFにしたのだけど、
その後の流れからしても燃油代金が下がることになったのは年明けの便からだったから、どのみち恩恵にあやかることはなかったわけです。

ホテル代については、現地決済でユーロ安の恩恵を受けましたけどね。
予約した時に見積もっていたより、1万円以上安く泊まれましたから。

こんなこと考えていると、また旅に出たくなってきますねー。
まぁちょっと、今の懐具合からすると「夢」ですが。
タグ:ANA JAL AF
posted by エマ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

羽田〜フランス直行便、2年後実現なるか?

昨日テレビニュースで見たのですが、コレですね。
>>日テレNEWS24

現在羽田空港沖に建設中の新滑走路について、2010年10月の供用開始後、フランスとの定期直行便を就航させることが、国土交通省とフランス側とで合意に達したとのこと。

定期便の時間帯は午後10時から午前7時の間に1日1便を予定。

これが実現したら、現在成田〜パリ便を使っている人には朗報ですよねぇ。
成田からの夜便はエールフランスのがあるけど、成田空港は都心から遠いですからね。
羽田から出るのなら、旅行にもビジネスにも便利でしょう。
今のところ日本航空が運航に意欲的だそうです。>>毎日新聞

パリ便を使ったのは今まで2005年と2006年の2回、フィギュアスケート観戦旅行で。
両方とも自分で航空会社WEBから手配しました。
どちらも手配したのは同じ頃。2005年のほうは出発1週間くらい前だったので、特典航空券の手配期間を1日過ぎてしまっていたため、結局購入することに。
急だったので夜便は満席だったから利用してません。
昼便も成田発は満席で、羽田から関空経由で行く昼便を利用しました。

2006年のほうはもっと便を選べたけども、結局利用していないです。
パリ乗り継ぎでリヨンへ行ったのだけど、日本発の夜便を使うと、現地へは朝着くんですよね。
その時間帯にホテルへチェックインできるかどうかはホテルに着いてみないとわからないし、
ゆっくりお風呂に入ってリフレッシュしてから行動したいと思ったので、現地の夜に着く、日本発昼便にしました。
私は飛行機でも新幹線でも眠れるほうなんですけど、それでも長時間のフライト後は疲れてるし、顔だけなら洗面所でなんとかなるにしても、やっぱり頭も体も洗いたいですからね。

でも羽田発便なら、仕事終わりにスーパー銭湯でも行って、それから空港へチェックインというのも可能そう。
間に合えば、空港の有料ラウンジのシャワーを使うという方法も使えそうだし。
空港設備は羽田の国際線ターミナルよりは成田のほうが充実してるんでしょうけど、私はあまり使わないだろうから、それほど優先順位は高くないです。

羽田〜パリ便、利用する機会があるといいな。
posted by エマ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

ノースウェスト航空マイルでのJAL国内線特典航空券利用に新たな条件が付きます!

ノースウェスト航空(NW)のマイレージサービス:ワールドパークスの日本航空(JAL)国内線航空券への交換は、
2008年10月1日予約分から、下記の条件に該当する場合のみ利用できるように変更されるそうです。

*ワールドパークス・エリート会員
*以下のいずれかのワールドパークス提携クレジットカード本会員
 NWA/JCBワールドパークスカード
 NWA/JCBテイクオフカード
 ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAカード
 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード

上記に該当する場合、2008年10月1日予約分以降もこれまでどおり、
15000マイルでJAL国内線エコノミー特典航空券、19000マイルでJAL国内線Jクラス特典航空券と交換できます。
>>詳しくはこちらをご覧あれ
ニュースリリース
JAL国内特典利用について

2002年末〜2003年始の成田〜アメリカ1往復(アメリカ国内線利用あり)の後、実際にはNW搭乗はなく、ずーーっと「日本の空を飛んで500マイル」キャンペーンでの加算マイルだけ、それすら年に何回もない程度の利用状況の私は当然、一般会員です…。

ちなみに、エリート会員資格は次のとおり。
●エリート会員資格取得必要マイル数
プラチナエリート会員 75,000
ゴールドエリート会員 50,000
シルバーエリート会員 25,000

または、

●エリート会員資格取得必要フライト利用区間数
プラチナエリート会員 100
ゴールドエリート会員 60
シルバーエリート会員 30

シルバーエリート会員の場合、25000マイル保有するか、短い距離を30回フライトすればいいということですね。

--------

NWワールドパークスマイルをJAL国内線に交換したのは1回。
最初のアメリカ往復でキャンペーンマイルも含めて15000以上のマイルがたまったので、2003年冬、羽田〜旭川の往復に使いました。

あまり外国に出かける機会がない私のような場合でも、JALに換えられるのは大きなメリットだったのですが…。
もちろん、その他のスカイチームアライアンスの特典航空券に交換することは可能ですけどね。
でも、そうそう予定は生まれませんから。
今のところ有効期限がないとはいえ、3年間マイル獲得がない場合には会員資格が停止される場合もあるという会則。
会則の変更に気を配りつつ、マイル交換の機会をねらっていきたいですね。
posted by エマ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

エア・カナダ バンクーバー:大阪路線から撤退へ

今月19日付の発表ですが、
エア・カナダは、2008年10月26日から、バンクーバー:大阪路線からの撤退するそうです。
>>エア・カナダ ニュースリリース
この中の「航空燃油価格高騰を受けて秋冬便の輸送量を削減」(PDF)の1ページ目に書かれています。

昨今の航空燃油高に対し様々な努力をしてきたそうなのですが、それ以上に燃油価格高騰が著しいとのこと。
6月6日のニュースリリースによれば、現在エア・カナダでは、この7月1日発券分からの日本:カナダ路線の燃油サーチャージを、一片道あたり24,000円にするよう、国土交通省に申請しているそうです。
単純に見積もって往復48,000円。
一応廃止条件もあるのですが、ちょっと期待薄ですね。

エア・カナダには2005年5月を最後に乗る機会がありませんが(それ以降カナダに行けないでいるため)、それまでの4年間で年に一度かそれ以上に国際線:国内線ともども御世話になってきました。
フィギュアスケートを観るための旅から始まり、居心地がよく食べ物もおいしく、大好きになった心の故郷:カナダへ行くための飛行機といえば、まずエア・カナダ。
9.11、倒産、SARSの危機も乗り越え、移動中もカナダを感じられる空の旅を味わわせてくれました。

ふだんは成田NRTからのカナダ行きですけど、今回撤退すると発表された大阪(関西国際空港)KIX:バンクーバーYVR路線も、格安航空券の都合で利用したことがあります。
関東からだと羽田〜関空を使うので乗り換え時間の分移動時間がかかるけど、その間にマッサージでリフレッシュ、見違えるほど脚を細くしてくれるスゴ腕の人に出会ったのも関空でした。

関空路線がなくなるとなると、成田発のカナダ行きが時期によってはますます席をとりにくくなるという現実問題もありますね。
私が行けるのが繁忙期ばかりで、かなり早くからおさえないと難しいのを実感していましたからねぇ。
もちろん、お金をそれなりに出せは完全に満席ってことはないんでしょうけど(^^;

企業としてつぶれてしまうよりは、路線の見直しや運営上のムダを定期的に見直して、全体が存続することを選ぶのも、仕方ないですね。
日本からカナダへ行く直行便が全部なくなってしまうわけではないだけでも、よしとしなくてはならないのかも。

(運営のムダを省くといえば、JALでは機内誌のページ数を減らしたり、ビジネスクラスの有田焼の器を軽くしたりスプーンの柄を細くするなど細かく涙ぐましい節約をして、1フライトあたりの燃油消費量削減を図っているんだそうな…。
同じ感覚で客サービスまでこれ以上ギスギスしないことを願いますよ^^;)
posted by エマ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

7月も欠航が出る?

2日にココに書いたように、今月突然、パイロット不足による欠航を発表したスカイマークですが、
7月もパイロット不足&737機使用路線を増やす計画だったそうで、
結果的に300便くらい欠航になる可能性があるらしいです。
>>YOMIURI ONLINE

利用予定の方は最新の情報をご確認ください。
これから手配するのに選択肢に入れてた方にも、困った事態ですね。
代替手段がある場所ならまだ何とかなるとはいえ、予算や時間の都合などもあるわけですからねぇ。

posted by エマ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

「えひめ空スイーツ」アイデア募集中!

さて、この5月31日〜6月1日の土日と、このところ毎年行ってる愛媛県へリフレッシュ旅をしてきました。
感想はまた後日書きますが(そうやって去年のもその前のも中途になってる気が…)、まずは取り急ぎお知らせ。

今年7月、JAL東京〜松山便の就航20周年を迎えるそうです!
それを記念して、愛媛県産の食材を使った空弁ならぬ「空スイーツ」アイデアを公募中とのこと。
応募は県民でなくても誰でもできます。
締め切りは平成20年6月30日(月)。
詳しくはこちらを御覧ください。

現地でチラシ見て、審査員の顔ぶれに「愛媛みかん王子」なる人物を発見。
『…何?』と思ったのだけど、その正体も上記リンク先に出てます。

現地で会った友人曰く「どうせ“みかん”ばっかりやろ〜」って言ってましたが(笑)。
たしかに柑橘類は特産品だし、POMジュースは愛媛を代表するブランドではあるのですが、他にもありますとも。

栗、いちご、梅、さつまいも等々。

「栗茶」なるものがあるそうで、お茶なんだけど喉ごしが栗だとか。
これも友人曰く、「飲んだあと他のお茶が欲しくなる」とか(爆)。
売ってたら飲んでみようと毎年思いながら、未だ現物を発見に至らず、飲んでません。
次に行った時こそ、地元スーパーをじっくり巡って入手しようと思います。

---
以下コピペですが、東京〜松山線の20年の沿革。

1988年7月23日 松山-東京間の運航開始(当初はdaily2便)
2000年7月1日  運航を3便に増便
2003年4月1日  運航を4便に増便
2007年12月21日 ボーイング737-800型機投入

今回乗ったのがまさに上記の737機ですね。
2-3-2の配列で、JALなんで前方にJクラスシートがあります。
私はICクーポンを期限内に使うために今回はJALのツアーにしたので、エコノミー。アップグレードも空きがあれば出来るけどしませんでした。
(だいたい帰りは満席っぽかった)
羽田発便はそんなことなかったけど、帰りの松山発便は古そうな内装の機体。
機内モニターで上映中のNHKニュースの映像がずっと乱れっぱなしで、結局途中で中止。
私はクラシックを聴いてたんだけど、それも時々プツプツと途切れました(^^;;
機内アナウンスで途切れるのは仕方ないけど。
帰り便、スペイン奇想曲とトゥーランドットという、フィギュアスケートに縁の深い選曲で楽しめました。
タグ:愛媛県 JAL 四国
posted by エマ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

スカイマーク欠航の理由

それが「機長不足」とは。
>>Yahoo!ニュース

NHKのニュースでも見たけども、ボーイング737型機を操縦できるパイロット約20人のうち2名が病気等で退職したため、運行の見通しが立たないのが理由なんだそうです。
>>スカイマークエアラインズ

台風や管制塔がダウンして欠航や運休が相次ぎ、翌日復旧しても、機体繰りがつかなくて朝の便に欠航が出るなどというのは、時々聞く話ですけど、
「パイロット不足」とは。

スカイマークだけでなく、世界的なエアライン増加によってパイロットが不足していて、人材の奪い合いになっているとか。
人を育てるのは、一朝一夕にはいかないですからね。容易に改善される問題ではないのかもしれません。
それにしてもあまりに急なことで、旅程の変更の影響を受ける人にはいい迷惑ですよね。

スカイマークというと、私の脳内では羽田〜福岡線の安いエアラインというのが第一印象だったんですけど、その後、路線が増えましたね。
『旭川便が増えたのかぁ。スケート観戦で利用することがあるかも』くらいな、うっすらしたことくらいしか脳裏になく。
私はまだスカイマークを利用したことは無いのですが(結局そんな機会も暇もなかったさ)、
つい先日の土日に羽田〜松山間をJALで飛んだばかりだし、飛行機乗るのは好きなので、興味深いニュースでした。

>>スカイマークエアラインズ「運休及び欠航のお知らせ」
具体的な便は次のとおり。
【続きを読む】
posted by エマ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

ANAマイレージサービスが変わる!

全日空(ANA)では、2008年から現行のマイレージプログラムに変更を加えるそうです!
>>ANAサイト
>>プレスリリース
>>読売新聞ニュース


大きな変更点は、

・2008年4月から、国内特典航空券交換に必要なマイル数を、現行の一律15000マイルから、区間と期間に応じて必要数を変え、また利用できない期間を撤廃。

短い区間は少ないマイル数に、長い区間は多めのマイルが必要になるそうですが、一律よりは平等でいいかな。
利用できない区間がなくなるのはうれしいです!

・2008年1月から「旅達」加入者向けのマイル積算率を5%UP

「旅達」加入してはいるんですけど、まだこれといってめぼしい活用をしてなかったので、メリットが増えるのはうれしいことです。

・マイル有効期限が、利用年の翌々年の年末までだったものが、利用月の36ヵ月後に変更。

積算のタイミングによって有効期限が2年強しかなかったものが、きっかり3年になるのも、失効するマイルを減らせそうでいいかも。

----
詳しくは上記リンク先をごらんください!

最近はマイルがあっても使う時間をなかなか作れないです。
特典で海外へなんて無理無理(笑)。
あらかじめ休みがとれるとわかってなくては、使えないです。
短期間の国内が精一杯。
というわけで、使うほうでは、かつて海外も含めた旅行でためたマイルを使って国内の旅に出ることもあれば、ポイントに変えるなどして、ちまちま使ってます。
ANAなら、楽天のポイントに変えたことが2回あります。
カメラのレンズ購入の足しにしたのと、ホテル代に充てたんだったかな。

貯めるほうは、クレジットカードによる「陸マイラー」状態なので、こういうのを観ると、また、旅に出たいなって思えます。
posted by エマ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

一人旅は最後まで油断大敵

「あなたの旅の思い出をブログに書こう!」
…というSeesaaブログのお題なのですが、えー、私が忘れられない「旅の思い出」は、
寝坊”です。

2004年のGW、カナダ4回目の一人旅。
エドモントン〜カルガリー〜バンフ〜バンクーバーという行程の最後、バンクーバー出発の朝。
空港でゆっくり食事でもと思い、3時間前には空港に着くつもりでいたのに、目が覚めたら、空港到着予定時刻をとうにすぎている!

目覚ましを2つセットしたのに、旅の疲れが出たのか、まったく気が付きませんでした。

一人旅、カナダに知り合いが住んでいるわけでも英語が堪能なわけでもなく、休暇もギリギリしかとっていない。仕事の予定もつかえている。
予定の便に乗れないと、面倒なことになる。

飛び起きて洗顔着替えなど最低限の身支度をし、いざチェックアウトと思ったら、ちょうど混む時間帯でフロントには行列が。
待たされた10分間がすごく長く感じました。

近くのバス停から空港バスに乗るつもりで往復チケットを買ってあったけれど、それでは間に合わないのでタクシーで空港へ。
『急いでるのよ〜!』空気を発しながら運転手さんに急いでもらって空港到着した時には、帰り便出発2時間前をきっていました。
チェックイン、セキュリティを過ぎて出発ロビーに出たのは、出発時刻30分前。

最初から2時間前到着のつもりなら、ホテルで焦ることもなかったでしょう。
でも、何があるかわからないので、早めの行動を心がけたいですよね。
そもそも一人旅は気が抜けないものですが、この出来事で改めて「家に帰るまでが旅」と思いました。

ホッとしたところで機内で飲んだカナディアンビールは、ものすごく身体にしみておいしく感じましたあせあせ(飛び散る汗)
あなたの旅の思い出をブログに書こう!
タグ:カナダ
posted by エマ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

ノースウェスト航空、日本就航60周年

ノースウェスト航空が日本に就航して、今年で60周年だそうです。
というわけで、NWでは60周年記念サイトが新設されています。
>>ノースウェスト航空日本就航60周年記念サイト
>>ノースウェスト航空

【続きを読む】
タグ:NW
posted by エマ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ANA、ネットチケットレス割を9月30日搭乗分で終了【他】

全日空によると、前日までにインターネット予約してチケットレス決済した場合に2%割り引くという、
「ネットチケットレス割」を、9月30日搭乗分をもって終了するとのこと。
対象運賃は下記のとおり。
対象運賃: 片道運賃、小児運賃、往復運賃、シャトル往復運賃、リピート4回、ビジネスリピート、能登ワイドリピート2、佐賀ワイドリピート2、身体障害者割引運賃、介護割引、シニア65割引運賃、アイきっぷ、乗継アイきっぷ、ルートきっぷ、八丈島乗継きっぷ、経由割引、超割、旅割、特割1、特割7、スーパーシートプレミアム運賃、スーパーシートプレミアム小児運賃、スーパーシートプレミアム身体障害者割引運賃、スーパーシートプレミアム特割、スーパーシートプレミアム8

ANA乗る時、いや、正確には特典航空券ではなく利用する場合は
必ずといっていいほどチケットレス割を活用してきたので、残念です。

その代わりといってはなんですが、東京−大阪間の「シャトル往復運賃」が値下げされるとのこと。
…利用したことありませんが(笑)。

この秋も「超割」の設定があるそうで、それは安心。
また、北海道や四国の「エアレール(JR遊きっぷ)」もあるのかな??
とりあえず、9月までの超割では設定アリですが。
以前は九州のもあったけど、今はないようですね。

四国のしか使ったことないけど、超割航空券か半券を提示すると3,000円で四国内のJR一日乗り放題(特急自由席含む)になるので、何度も活用させてもらいました。
他の割引運賃よりおトク感あったから、今後も続けてほしいです!

>>ANA

【続きを読む】
posted by エマ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

全日空システム不具合による欠航騒動

今日未明から、全日空の国内線搭乗手続き用コンピュータシステムトラブルにより、1〜2時間の遅延が発生したほか、システムが午後3時すぎに復旧したものの、午後6時までの羽田空港発便が欠航する騒動がありました。

ANAサイト

午後6時以降の出発便については予定どおり運行されるそうですが、
機体繰りがつかない場合は欠航するそうですので、正常運行に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

【続きを読む】
タグ:全日空 ANA
posted by エマ at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

太っ腹なノースウェスト航空

ノースウェスト航空(NW)では、この4月以降も、“ニッポン500マイル・キャンペーン”を行うそうです。

期間は2007年4月1日から2008年3月31日搭乗分まで。
正確には、“期間延長”と言ったほうがいいのかな(^^;
これまでにもあちこちでこの企画のことは書いてきましたが、一体何回目の延長なんでしょう(笑)。

具体的には、日本のどの航空会社でもいいので国内線を利用して、
搭乗日から2ヶ月以内に半券のコピーを指定の用紙に貼って、FAXか郵送すると、

1フライトにつき500マイル

NWのマイレージに加算されます!


【続きを読む】
posted by エマ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

黒い飛行機、スターフライヤー

携帯からメール投稿。

このブログの2006年2月16日「神戸空港開港」の記事中で触れた、羽田〜北九州間を結ぶ航空会社“スターフライヤー”の記事が、今日の毎日新聞夕刊1面に出てましたね。

黒い革張り座席が高級感あり、是非乗ってみたいとずっと思っていますが、今のところまだ乗れそうな機会を作れておらず、とても残念(^^;

毎日新聞記事(今手元にないのでうろおぼえ)によると、3月の新規運航第1便は発売後なんとわずか5分で完売したそうですが、
その後の稼働率は50%程度にとどまっているそうです。

知名度がまだ低いのと、マイレージプログラムがないことが理由でないかという分析がされていました。
【2006年11月1日搭乗分からマイレージプログラム開始されました!】

特徴であるところの“高級感”を前面に出しつつ、
朝早くから夜遅くまで羽田〜福岡県を結ぶ利便性を生かし、その時間帯の値下げも提案されていました。

たしかに、値下げされたら通常勤務後に夜便で福岡県入りして翌朝早くから観光することももっと気軽に出来るだろうし、
新聞記事中にも出ていたけど、朝一番の便で出れば北九州での午前中の会議に出られるなど、
時間を有効に使いやすくなりますよね。

マイレージプログラムについては、スターフライヤーの参入も待たれますが、
さしあたり今ならノースウェストのマイルに貯められますね(笑)。

このNWのキャンペーンももう3年目くらいになる?
長い間実施されてますが、国内どこの会社便でも片道で500マイル貯まるので、活用しないとね。

国内線しか乗らない人でも、NWはJALと提携しているからJALの特典航空券と換えられます、ご安心を。

…JALには乗りたくない?(爆)
そういう人はどうしたらいいんでしょうねぇ(^^;
posted by エマ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

神戸空港開港!

2月16日、いよいよ神戸空港が開港されました!
http://www.kairport.co.jp/index.html

【続きを読む】
タグ:空港
posted by エマ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月29日

マイルの不思議

GWにカナダに行った時のマイルはすでに登録されてるのですが、
それとは別の会社(ワシントンSOIを観にいったマイルで旭川NHK杯を観にいった会社)のマイレージプログラムで、ちょっと変わったキャンペーンをやってるんです。

「日本の空を飛んで500マイルたまる」ということなのですが、どういうことかというと、

・日本国内線ならどの会社の便でも可。
・実際のフライトマイル数に関わらず、1フライト500マイル。

が、半券のコピーを添付して申請すると加算されるわけです。
各社とは無関係に行ってるキャンペーンだそうです(笑)。

不思議なのが、このフライトに「特典航空券を含む」こと。

旭川に行った時すでにキャンペーンは始まっていたのだけど、特典航空券は関係ないと思っていたので放っておいたんですよ。
でも1ヶ月くらいすぎた頃このキャンペーンのチラシが届いたので改めてよーく読んだら、「含む」とある。
半券とってあったので試しに送ってみたら、数週間後にちゃんとボーナスマイルが往復分で1,000マイル加算されてました。
これで、15,000マイルだった特典旅行が、実質14,000マイルで行けたことになったわけです。

その後、国内移動で飛行機使った時は、実際に乗った会社系マイルのほか、こちらのキャンペーンも申請して、両方にマイルをためてます。
先日の四国行きのも申請中。

ワシントン以来、実際にはこの会社の便に乗ってないんだけどねぇ(笑)。
使用期限なしだし、「街中で試供品配っていたらとりあえずもらっておく」というのに近い行動かも(^^;;;;
posted by エマ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月23日

航空業界2題

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2004032000000016cncl23
「エアカナダが、名古屋バンクーバー便を4月30日から再開」

 2001年にバンクーバーへ行ったとき、市内観光で一緒になった女性二人連れがエアカナダで名古屋から来たと話していたので、当時は運行されていたわけです。
 が、9.11やSARSのことで旅客数が落ち込み、昨年4月から休止してしまっていたのですね。
 名古屋から北米西海岸に行きたい人はどこかを経由していかならない分、目的地のみ滞在する人には不便だったでしょうし、直行便は乗り継ぎの心配がない分安心だものね。

 約1年ぶりの運行再開は喜ばしいことですが、できることならもう少し早く発表してほしかったですね。
 運行再開はGW初めに間に合ってよかったですね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2004032300000024nnpkyu
「新北九州空港の開港が、2005年10月から2006年3月に延期の見込み」

 つい先日乗ってきた北九州空港の壁にも、大々的に宣伝されてた新空港です。
新しい空港、北九州ビジネスの発展に期待がかかっていたらしいのですが。
 
 …今の空港の庶民的というか、出発と到着のフロアが同じ階というのは、上がったり降りたりがない分ラクでいいなぁと思ったんだけど、地方空港もだんだん滑走路を長くしたり、いろいろ変えてる時期なんですね。
なににせよ、便数が増えて便利になるのは歓迎です。
posted by エマ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フライト話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。