2011年12月18日

2011年皆既月食

IMG_7360_02.jpg

IMG_7363_02.jpg

そういえば、先日12月10日から11日にかけての皆既月食。
私もベランダに三脚立ててみたのですが、角度が悪いので腰やら首やらかなり無理な体勢(笑)。
クリアに撮れなかったけど、目視できる赤い月は、自然現象の神秘を感じさせてくれましたよね〜。
寒かったけど、ちょっとワクワクできてよかった!
posted by エマ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ストロボライト

先週のことですが。
今まであまり関心が向かなかったのだけど、
どーーーーしても今後の仕事で必要なので、自腹で購入。
Canon(キヤノン) スピードライト 430EX II

一眼レフ用の外付けストロボライトですな。
(余談だけど私が大好きなB-52'sの曲にもありますな)
これをプライベートで使いこなす場面を、自分の場合想定しにくいのだけど、
まぁ、あってもいいかと。

4年前、同じ条件で内蔵ストロボで撮った時、不足を感じたのですよね。
三脚を使ったかどうかは覚えていないのだけど(イスに乗ったかも?)、
ISO感度を上げることでその場を乗り切った記憶があります。
それでも後でPCに取り込んで確認したら暗くて、だいぶ修正しないと使えませんでした。

この上のクラスのもあるけど…まぁ、とりあえず430で十分でしょう。
今回は三脚も用意していくし、失敗したくないなぁ。
他の作業もやりながらだから撮影に集中できる状況ではないのだけど、
だからこそ、道具を用意して何とか出来そうなことなら、手は尽くしたいということで。

さて、本番までにこれに慣れておきたいんだけど、適当な場面はあるだろうか…。
思いつかないなぁ。
他人のパーティにもぐりこむわけにもいかないし…(笑)。
タグ:キヤノン
posted by エマ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

“PHOTO IS ●●”再び!

201008photois10000.jpg今年もあった “PHOTO IS”10,000人の写真展。
2006年に参加したきりだったのですが、今年は久々に出してみました。
500円払って。
ひさびさに春先に余裕があったし、出してもいいかなっていう写真もあったし。

東京会場は今年も六本木の東京ミッドタウン。

去年はそもそも行ってもいないのでわからないのだけど、
なんか以前と比べてスケールダウンしてますね…。
気のせいかな? どうなんでしょう。
会場が狭い=全体数が少ない気がしたのですが。

旅の写真のコーナー、名古屋の写真を見てたら、
大須大道町人祭の様子が。
ゆ、雪竹さんだ〜!

東京の1950年代の写真集もおもしろかった。
レトロなフォルムのモノレールとか、フェンスがない屋上に人がたくさんいる日劇、東京タワー。
…♪東京タワーの歌♪(寒空はだか)が脳内を踊るようにのほほんとかけめぐる。

著名人(どういうセレクト基準なんだか毎度ナゾ)のフォトアルバムの数々、
久しぶりに奈良橋陽子さんの名前を見て懐かしかったなぁ。
私にとってはゴダイゴのヒット曲の作詞家さん。
昔の写真もたくさん。美人だなぁ。自分の美に気づいてない美人。
家族の歴史を一冊にってことなんでしょうけど、
中にご自分の家族ではない家族写真も(笑)。
あれは本人たちの了解を得ているのだろうか?
家族のようなつきあいってことなのかなぁ。

しかしあれですよ、せっかく展示して多くの人に見てもらうってことなら、
会場内を自分の作品で埋め尽くすくらい、「作品」をたくさん用意できるようになりたいと思いましたね。
つまり個展のことですが。
会場借りて準備して、赤字になったとしても、500円出して1枚展示されるより、達成感はいや増すでしょうね。

東京会場の展示は今月25日まで。
よかったらサントリー美術館や旧乃木邸やミッドタウン訪れついでにどうぞ。
展示会場の隣では古いタイプの写真機がたくさん展示してあって、そちらもなかなか面白いですよ。
posted by エマ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

大雨ニモ負ケズ

KC380853.jpg梅雨入りしたとはいえ、移動中に合わせたように降られることが多くて、それは困りもの。
気分も滅入るし。
昨日は帰る時に長靴大活躍でした。重いのであまりはきたくないけどね。

そういう時には、そういう天気が似合う花を。
昨日の通勤中の一枚です。
posted by エマ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸) 見学

KC380636.jpgやりたいことは数あれど、晴れたならば、やはり出かけるほうが勝ってしまうというもの。

目黒と白金台の間にある、東京都庭園美術館に行ってきました。
開館25周年を記念して、現在、建物公開中。13日まで、内部の見学が出来ます。
庭園入園付展覧会券 大人800円。

普段は不可の内部写真撮影も、今回はストロボ・フラッシュ無し一脚三脚無しなら可能。
というわけで、カメラ持参の方がたくさんでした。

かつてフランスに留学していた宮家邸ということで、内部は時代を反映するアール・デコの雰囲気たっぷり。
人の流れを縫うようにして、でもカメラ持ちの目的は同じだから、自然に譲りあっての撮影三昧でした。
すごく息抜きになりました(^O^)
写真は後で掲載します。

庭園の茶室も公開中でしたが、疲れたので寄るのはやめました。

明日5日と来週12日は【お庭の日】。
先着100人にラベンダーグッズのプレゼントがあるなど、イベントがたくさん予定されてます。
都合つく方はどうぞ。
posted by エマ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

10,000人の写真展、今年もあったのかー

FUJIFILM主宰の「“PHOTO IS”10,000人の写真展」が今年も開催、
7月2日六本木の東京ミッドタウンでの展示を皮切りに、全国各地で展示が行われます!
“PHOTO IS”10,000人の写真展2008

2006年に参加して(参加費を払えば誰でも参加、展示してもらえます)面白かったんですよ。
2007年は写真を準備できなかったので参加しなかったけど、
今年2008年は是非にと思ってました。

ところが写真受付時にあたる3月下旬〜5月下旬というのが強烈に忙しく(去年もだったけど)、たまに情報を調べてもなぜかヒットしなかったので、『もしかして今年はない?』と思っちゃったんですよね。
ちょうどその頃、ふだん使ってたカメラ屋さんが閉店してしまったのもあって、情報を調べにくい時期と重なったのも敗因か。

東京での展示を目前にニュースリリースが出るなんて。
東京会場は7月2日から6日(日)まで。
時間あったら観に行ってみようかな。
posted by エマ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

近所の花火は特等席で。

8月のことですけど、近所で花火大会がありました。

弟一家も来るというので、子どもたち2人は浴衣や甚平を着込み、いそいそと出かけていきました。
が、光と音がダメだったようで、速攻引き返してくることにバッド(下向き矢印)

でも大丈夫なんです。
実はベランダからも見えるのです(笑)。
ご近所の屋根越しですが、三脚を立ててカメラセット。
ビールや缶チューハイ片手にバルブ撮影。
“なんとなくこっちの方向”“だいたいこれくらいの画角”でセットしてしまえば、あとは打ち上げに合わせてシャッター切るだけで、ファインダーを覗くことはほとんどなし。

肉眼で楽しみながら、写真を撮れる。

今までは余ったフィルムの消化だとか(←おいおい)、財政難で近所の花火大会が開催されなかったとか、友人と出かけてたとか、なんだかんだで、ちゃんと花火を撮ろうと思ったのは初めてだったけど、面白かったです。
よく撮る風景や花や建物などと比べて、自分の感覚よりも、偶然に左右される度合いが大きい感じかも。

出来上がりは後のお楽しみ。
せっかく近いんだもの、自分の目で楽しみたいですからね。
開催時間のうちの後半分はカメラも片付けて、ゆったり満喫しました。
恐がっていた姪も室内からなら余裕で見てました(笑)。
ただし、すぐ飽きちゃってました(爆)。

というわけで、以下、サムネイル画像です。
PCだとクリックすると大きい画像が出ます。携帯だとサムネイルサイズのままかな。このブログがそういう仕様なのでスイマセン。

2007ema_hanabi_01.jpg2007ema_hanabi_02.jpg2007ema_hanabi_03.jpg2007ema_hanabi_04.jpg2007ema_hanabi_05.jpg
2007ema_hanabi_07.jpg2007ema_hanabi_08.jpg
2007ema_hanabi_09.jpg2007ema_hanabi_010.jpg2007ema_hanabi_012.jpg2007ema_hanabi_013.jpg2007ema_hanabi_014.jpg2007ema_hanabi_016.jpg2007ema_hanabi_017.jpg2007ema_hanabi_018.jpg2007ema_hanabi_019.jpg2007ema_hanabi_020.jpg
posted by エマ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

“PHOTO IS”10,000人の写真展2007…には参加できず。

PHOTOis2007.jpg 昨年の同写真展には参加したんですけど(昨年の記事「一万人一万色の表現」)、今年は忙しくて気が回らず、参加しませんでした。
じっくり写真撮る暇もなかったしねぇ。姪や甥の写真でさえ激減…。

『これじゃイカン!』と思ったから、ではなく(笑)。
昨年わたしが参加したと知って観に行ってくれた友人が今年は自分でも参加したというので、東京会場の「東京ミッドタウン」にもちょっと興味あったし(笑)、観に行ってきました。
>>「“PHOTO IS”10,000人の写真展2007 」
>>東京ミッドタウン

------
追記:PlutakeさんのブログにTBします
------
【続きを読む】
posted by エマ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

すごい夕焼けでしたねぇ

sunset20060808.jpg今日、すごい夕焼けでしたねぇぇ!

あんなにオレンジ色の空は久しぶりに観たかも。
本当にオレンジ色の光の塊が空の下の方に、どーんとあって。

空は一面のブルーとピンクから、次第に一点のオレンジへ。

実はちょっと追いかけてみたのでした。
夕陽を(笑)。

でもちょうど陽が沈む方向は家やマンションが立ち並び、
高台のさらに高い所は部外者立ち入り禁止のところばかり。
家々の隙間から見える夕陽は強烈な光を放っていました。

ようやく撮れたのはこれのみ。
もちろん携帯。
もちろん夕焼けに追いつけるはずなどなく、気が付けば空はどんどん暮れていき…。

ああ、不覚〜!!!
夕焼けマニアとしては悲しすぎる〜!!

住宅街なんてキライだぁぁ(泣)。
こういうときに夕焼け見放題な状態じゃないのはホント残念。
がんばってもうちょっと仕事してたら職場の窓から見えたかもって思うとよけいにねぇ。
タグ:夕焼け
posted by エマ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

「アマチュアカメラマンに50の質問」に回答しました

昨日はなぜかブログ管理部屋に入れなかったのですが、
「アマチュアカメラマンに50の質問」に回答しました。
HTMLページにもしましたが、こちらにもコピペします。
配布元はこちらです。

【続きを読む】
タグ:カメラ
posted by エマ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

一万人一万色の表現

image/ema0618amazingworld-2006-06-30T18:25:09-1.JPG
参加費500円を払えば誰でも参加出来る写真展、
恵比寿ガーデンホールで開催中。
公式サイト
『“PHOTO IS”10,000人の写真展2006』東京会場

この中にあたしのもあります(笑)。
ちなみに人物写真ではありません。でもすごく思い入れのある写真です。
そんな写真が“10,000人”分あるわけです。

東京は7月2日まで。

【続きを読む】
posted by エマ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

見せ方もまた奥深し

携帯から。

先日、半ば付き合いもあって、とある美術展に行ってきた。

油絵、彫刻、陶芸、写真その他、ありとあらゆる“芸術”を集めた展覧会。
希望すれば申し込めるけど、たぶんそれなりの審査はあるはず。

プロアマ問わず、趣味人の作品が展示されている中、付き合いを抜きにして興味深く観たのは、昔なら油絵なんだけど(苦笑)今は写真。

思いがけなく、仕事でお世話になった方の作品が喪章つきで展示されてるのを発見。
一年近く前に他界され、今回は特別招待とのこと。

それは例外として、風景から人物までたくさん出品されていたけど、気になったのが【組写真が多いこと】
半分位は3〜4点、多いと9〜10点位の写真で構成されてたと記憶。

展示の仕方がひどくて、天井近くまでパネルが並べてある。
4人分くらいずつ。
上のほうに展示されたのは、そもそも組写真だから一枚が小さいので、分かりにくいことこの上なかった。
タイトルも作者名も肉眼では読めないくらいだったもの。

出口付近に感想ノートが置いてあるので見てみたら、組写真が多すぎるとか、デジタルとフィルム作品を分けて展示しろとか、点数を絞れという意見が(苦笑)。
しかも“昨年も指摘したが”と書いてる人が(爆)。
『招待作品のほうが“なんとなくシャッター押しただけ”みたいな作品が多いんじゃないか?』という厳しい意見もあり。

でも私も同感(笑)。
一般参加作品のほうが魂こもってるというか、グッとくるものがあったし、
賞をとった作品でも『え、コレが何故?』というのがあったもの(苦笑)。

なんで組写真が多いのか考えたんだけど、安直だからだと思う。
あるテーマを思いついて、それを表現するのに、何枚か並べたほうが情報量が多いものね。

今、私がサイトで写真を公開してるのはほとんどが組写真に近いやり方と思う。
例えば愛媛の夕陽。
色々な表情があるので、絞りに絞っても、数枚を並べることになる。

これは一つの被写体をたくさん撮る場合だけど、そうじゃなくて、共通テーマがあって、その範疇で様々な写真を並べる場合もある。

たしかに伝えるには十分と思うけど、一方で安直なやり方だなとも思うわけ。

Webでは旅日記の一環として言葉とともに構成したいので、今のやり方を変えるつもりはないけど、それとは別にね。

私は、一枚でバシッと表現された写真のほうが好きだな。
タイトル付けるの(付けるとしたら)難しくても。

“渾身の一枚”というのを撮ってみたい。

いつもそう思っていながら、なんだか安易なほうに流されている気がしている。
閃き勝ちというか(笑)
面白い構図を発見した時点で満足してしまって、
それにふさわしい絞りや露出やシャッタースピードにまで頭が回り切れてないというのかな。
やってるつもりでも、舞い上がってるのかどうも詰めが甘い(苦笑)。

自覚してるんだから、あとは行動に移すだけ。

というわけで、もっとあちこち出かけたいんだけど、なかなか休みの日でもそう都合よくはいかないもので(^^;
結局今日も急遽仕事で外出、考えてた行き先へ行くのは2週連続で見送りに。
むむむ。
posted by エマ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

惜しいところで…

携帯メール投稿。

何ヶ月か以前に撮ったデジタル画像を大きめにプリントしてみた。

プリント内に“シミ”発見。

『……。』

PCで見てた時には気づかなかったよ。
あーあ。

自分の不注意だけど、かなりイイと思っていたものが途端にグレードダウン。

“惜しいところで”ねぇ。

でも、それもまた“自分”。

写真にはホント、自分が表れますね。
何を撮るか、構図などなど。
そしてシャッター押した中からどれを選ぶか。

写真を撮るという行為は、自分をかえりみることでもあるわけです。

今月始め、カメラのファームウェアのアップデートのついでに内部の清掃もしてもらったので、
暇になったらまたカメラ持って出かけたいです。

それまでに、自分を省みて(苦笑)レンズのお手入れでもしておきます。
posted by エマ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

キヤノン、フィルム式一眼レフカメラ新機種開発を凍結

携帯から拾えたニュースですが、
キヤノンがフィルム式一眼レフカメラの新機種開発を事実上凍結したそうです。

市場縮小なら企業としては仕方ないのかな〜。

7sユーザーとしては寂しいけれど、今あるもので十分満足してるので、壊れるまで使い倒そうと思います。
posted by エマ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

ストレスフリーになれる三脚!


スリック雲台 SLIK AF1100

スリック三脚 SLIK ABLE 400 DX−LE


Kiss III入門キットを下取りに出した時、
一緒についてた聞いたことないメーカーの(苦笑)三脚は出さずにそのまま使っていたのですが、
(といってもふだんは手持ち、使うのは仕事で集合写真撮る時くらい)
7sや20Dではあまりに重量バランスが悪く、ふだんでも使う気がしないので、
思い切ってしっかりしたのを買いました。

【続きを読む】
posted by エマ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ものぐさ&フィーリング撮影派向けカメラバッグ

Lowepro(ロープロ)カメラバッグスリングショットシリーズスリングショット100AW
Lowepro SlingShot 100AW

100と200とありますが、これは小さいほうの100。

本体下部には、キヤノンやニコンなどの入門モデルの一眼レフ(デジタルor銀塩)やそのひとつ上のクラスくらいの一眼レフと、
交換レンズは90〜100mmマクロ1本とシグマやタムロンから出ている18〜200mm F3.5〜6.3や、純正やレンズメーカーの28〜75から90mmくらいの標準ズーム1本くらいが入ります。
レンズは1本をカメラに装着した状態、あと1本は交換レンズとして。
もう少しだけスペースありますが、レンズ3本目はキビシイかな?

上部はジッパーで開閉しますが、ここは小さいので、フィルムやメディアなどの小物を入れればよいでしょう。

本体の底部分には雨用カバーが収納されています。
なお、上部と下部の仕切りは縫い付けられていて取り外せません。

これの便利なところは、背負ったままでカメラが出し入れできるところ!

【続きを読む】
posted by エマ at 21:24| Comment(2) | TrackBack(3) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ドシロウト写真

昨年あたりからのリバーサル撮影したものから、気になるコマをプリントしてきたのですが。
なんだか“まったく”思った色に出てないです(爆)。
思い切りコントラストを強くして、彩度を上げるとあんな感じになるかもしれない。

あえて調整をまったく指定しなかったのですが、
そもそもフジのリバーサルのダイレクトプリントをコダックペーパーを使ってるラボに出してる時点で問題外?(爆)
コダックのネガフィルムで撮ったものも近い色合いかも…もっと自然だけどさ。

同じフィルムをフジペーパーを使っているラボに出して調整なしでプリント→比較してみたいと思います。

posted by エマ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月14日

月と火星<その3>

火星と月A

ということで3枚の写真なのですが、撮影した時間帯でいうと
デジカメのほうが後で、一眼レフのほうがより月と火星が接近して見える時間帯でした。

どちらがいいかと一概には言えないけど、なかなか思うように言うこときいてくれない分、触りがいがあるのが一眼レフのほうかな、と思いました。

どちらも私は好きですねぇ。
posted by エマ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火星と月<その2>

先日カメラで撮った月と火星の写真をスキャンしたのでUPしてみませう。
火星と月B

<その2>に続く。
posted by エマ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月09日

ちなみに、月&火星。

火星と月

デジカメだとこんな感じに撮れてます。
フィルムのは明日現像してこよっと♪
posted by エマ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。