2012年08月13日

隔離しただけで解決するのか?という話

「アスペルガー症候群被告への「懲役20年判決」に賛否」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/583313/

読めたら読んでいただきたいニュース。
これが初ではないと思うけど、裁判員裁判で発達障害のある被告に対し、求刑を超える判決が出たという内容です。
このニュースに対するブログだのツイッターだのいくらか読んだんだけども、
「一生刑務所に入ってろ」だの「じゃあ支援団体の人たちが一緒に暮らして一生面倒みなさい」だの言いたい放題のが多数…。

たしかに、被害者が実の姉で、30年以上も引きこもった上、一方的な恨みをつのらせての犯行。
しかも逆恨み。
家族は加害者の家族であり被害者の家族でもあるわけだけど、本人の引き受けを拒否。
殺害された姉はずっと、弟である犯人のために物心両面で支えになってきたのに殺害され、理不尽この上ない。
感情的にも倫理的にも「犯罪者に厳罰を」というのはもっともな話です。

なんだけど、実際刑務所には、発達障害のある人に対するまともな処遇が出来る受け皿、無いのでは?
何年前だったか衆議院議員で秘書給与詐欺で服役した人が、刑務作業として知的障害者のお世話をしてた時の話を本にして話題になったはず。
こちらは本当に知能が低くて、なぜ自分がそこにいるのかも理解できてないような、すぐ失禁してしまうような人たちだったそうで、今回のアスペルガーの被告とは違うけども。

地裁判決が確定したら収監されて、どこかの刑務所に行くんだろうけども、薬漬けなんでしょうねぇ。
そして家族が引き受けないから、20年後満期で出所。
その頃親が生きてる保証はない。
姉の家族が引き受けるとは到底思えないので、行くところがない状態。
ここで福祉にうまく繋がったらいいけど、本人60歳を超え、働くこともままならないだろうから、福祉の協力で住むところを見つけて生活保護、の流れになるんだろうか?

私も詳しくないけども、刑務所にいる間から、発達障害に詳しい専門家の治療だったり援助だったりを受けることは出来ないのかな?
記事によれば出所後にそういうのはあるようだけど。
刑務官だってこういうことは素人だろうし、他の受刑者と同じに扱えない(特別待遇って意味じゃなく、糠に釘的な意味)のなら、ただ20年間世間から隔離してるだけになってしまうのでは?
それは根本的な解決になっているのだろうか?
今回の件だけのことじゃない。
本人の障害の程度に適した治療をしつつ、刑務所内で内省というか、自分が犯した罪の深さに気付くことが出来たらいいよね。
posted by エマ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

のだよしひこ

決戦投票、蓋をあけてみれば
まさかのヨシヒコ総理。

勤務中、うちの職場では閣僚の顔ぶれがどうなるのかが話題の中心でした。

私はそれもそうだけど、
まつ毛が気になってしょうがなかったです。
上まつ毛もだけど、特徴的なのは下まつ毛かも。

あ、そういえば交代時恒例のような死刑執行、
今回はありませんでしたね。
posted by エマ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

岡田劇場

4月1日の日記で書いた、石巻市の岡田劇場ですが、
土台を一部残して全壊でした。
昨日、写真で見ることが出来ました。

テレビで見ましたが、気仙沼のローカル放送局も全壊で、過去30年撮りためてきた地元の映像記録も失われたそうです。

映画やテレビなどで、被災していない場所に保管された過去の映像や写真はたくさんあるでしょうね。
つい最近の過去も。

そういうものが、地元の方々を励ましてくれるか、
あるいはまだ生々しくて悲しみを助長してしまうのか。

…考えても答えは出ません…。

映画のチカラ。
ある、と思うんですけどね。
posted by エマ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

政見放送

統一地方選挙の前半戦を控え、テレビでは政見放送が流れてます。

やっぱり注目どころは東京都知事選挙。

見ようと思って見たのではなく、チャンネル変えててたまたま見ただけですが。
いや〜〜。
届け出のあった候補者名を新聞の文字だけで見た時のインパクトを遥かに上回る濃さ。
お約束感すら漂う、胡散臭さ。

日本スマイル党・マック赤坂は、見てくれも放送内容も期待を裏切らなかった。
無所属・ドクター中松は、もはや風物詩。死ぬまで現役、立候補!(か?)
無所属・谷山ゆうじろう、ぱっと見無難でありながら「インターナショナル・デジタル・パートタイマー」などと名乗り、やっぱり変。
ハイパーメディアクリエーターのパロディか? あえての横文字。
平和党・姫路けんじ…帽子は脱ごうよ、人にものをお願いする時は。

「やりたいって言うなら自由にやらせてみようよ」ってレベルじゃないもんなー、都政。
さて…どうなることやら。
posted by エマ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

確定申告

2月半ばから3月半ばまでの約1ヵ月間の風物詩といってもいいのが「確定申告」。

私はお給料をもらう側の人間で、既に税金を天引きされているので、
基本的には給与に関して確定申告をする必要はないのですが、場合によっては行く必要があります。
今回は必要に迫られて行ってきました。

うちの地域はこの期間中は税務署ではなく、広い会場を確保して集中受付をしています。
それでもさすがお役所、受理時間は平日午前9時〜午後4時(5時のところもありますが)のみ。
で、2月の間2回だけ、日曜日もやってるんですね。

平日休みたくないか休めない人は日曜に集中するので、私が朝8時30分頃行った時も、既に行列できてました。
正直『税務署職員、3月の期間いっぱいくらい交代で休日出勤しろよ〜。代休取ればいいでしょうが〜』と思いますけどね。

余談だけど、たいていの人が普通に歩いて列の最後尾に向かうのに、中にはいるんですよ、「我先に」と小走りしてるのが。
笑っちゃいますよねぇ。滑稽で。
集合受付の相談窓口なんか、一人か二人追い抜いても結果は大差ないのに。
何その必死(笑)。
高速道で少しでも空いてるほうと思って何度も車線変更したけど無意味だったドライバーみたいな。
フィギュアスケートや野球でも、自由席の大会の時とかいますねぇ。

結局、並び始めてから約1時間後に提出終了。
あらかじめ自宅で国税庁ホームページに申告書を簡単に作成できるページがあるので、それで作っておいたものを確認してもらったのですが、訂正の必要はないとのことで一安心。
ちょっとだけど還付金があるんですよー、ふっふっふっ。

1時間もかかってるけど、それは人が多かったからで、実際人の流れは結構動いていたんですよ。
それでもぬかりはあるものです。
目的に応じて並ばせた列から別のコーナーに数人ずつ案内するのに「では右側の列の方、どうぞー」。
…こっちから見たら左側ね。あくまで職員目線!
何のために列を色分けしたのか?
色盲の人にも配慮するなら「壁側の列の方〜」とか、言いようはあるのにな。

そして内部で何十にも及ぶ記入場所、パソコン作成コーナーを設置しておきながら、
最終的に書類をチェックして受理判を押す係が、おじいちゃん職員ひとり!
最後の最後が最も渋滞。
ここにあと一人か二人つければいいのになぁ。

まぁなんか、人がたくさん集まるところでは、様々、人間模様が見えますねぇ。
posted by エマ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

雪!

今朝の出勤は水分多め、氷のような雪が吹雪く中でした。

しかもウチの辺りは、傘が折れ曲がるかというくらい強いビル風。
台風のパントマイムやる人みたいに、身体が一瞬後ろに下がりそうになることも。

これから3月いっぱいは、風との戦い。
今日の雪も、天気予報によれば、冬の空気と春の空気との戦いの結果だとか。

こうしてだんだん、季節は移る。
春はいつくるのだろうか?


今週は出張強化週間。
中身は日替わり。
外出が連日になることは滅多にないので、早くも疲れがたまり気味です。

反動で、これからのお笑いライヴのチケットをコンビニで調べてみる。
直近はやはり押さえるのが難しいか。
去年誘ってもらった3月のライヴ、今年は一人で行くのかなぁ。
気まぐれだなぁ…。寂しいね。
posted by エマ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

ランドセルサンタ【追記あり】

児童支援施設に匿名でランドセルをプレゼントする、タイガーマスク風遅れてきたサンタクロース。

「支援を真似する人が増えるといい」なんて言ってたら、
真似されたのは支援ではなく、ランドセルプレゼント。

…これから小学生になる子ども達しか救えないじゃないか。
真似するのそこか?!



いや、いいことなんですよ。
いいことには違いないんですけどね。
なんだかねぇ…。
どうなんでしょ、とも思うわけ。




新年初の記事がこんなんでいいのかと思いつつ。
今年もちょこちょこ何だかんだ書きます。
どうぞよろしゅうにー。

【以降:2011年1月13日追記】
posted by エマ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

さくらや閉店

今日2010年2月28日、家電量販店「さくらや」が全店閉店した。

午後、久しぶりに行ってみたけど、売りつくしセールがすすみ、掃除機のゴミ袋やボタン電池など、わずかな商品が残るのみだった。
合うものがなかったので何も買わなかった。

ポイントは、明日からビックカメラのポイントに引き継ぐことが可能とのこと。
あと、保証関係はベスト電器が引き継ぐことになっているはず。

思えば、カメラやDVDレコーダー、プリンターから、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電まで、あらゆる物をさくらやで購入してきたのだ。
デジタル写真プリントも、以前はよく出していた。

一番の理由は、仕事帰りに行きやすかったこと。
だから、ヨドもビックもポイントカード持ってるけど、買った品数はさくらやが一番多かった気がする。
店舗の規模が大きくはなかったと思うのに。

なんか寂しいねぇ。
posted by エマ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

横浜にぎわい座館長さん死去

「横浜にぎわい座館長 玉置宏さん死去」の報
http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20100212-00000011-oric-ent.html

8日だったか、入院されたとのニュースを見て気になっていましたが…。

「一週間のご無沙汰でした」の名セリフが懐かしいです。
にぎわい座には何度か足を運んでいますが、
館長さんにお会いしたことはありませんでした。
行くのがいつもメインホールでなく、地下のほうばかりだったからかも。

愛情と個性をもった「父」を、「見守ってくれたおじいちゃん」を亡くした気持ちに近い気分です。
寂しいですね。

…なんとなく、今感受性が強くなってるだけかもしれないけど。
テレビでちょっと知ってる程度の、直接知らない人の死だけど、無性に寂しく感じます。
posted by エマ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

中川昭一 元財務大臣が死亡

朝からビックリ。
酔っ払い会見が記憶に新しい、中川昭一元財務・金融相が自宅で死亡しているのを家族が発見したそうです。

今のところ原因不明。

自分で…というのを疑ってしまいがちだけど、
酒飲みだったら、肝臓疾患も気になるところ。
詳報が待たれます。

まだ50代と若いので、一般人として考えると、残されたご家族にはお気の毒なことですね。

公人としては、いいキャラ持ってたんで、惜しいです。
時事ネタ芸人さんたちにとっては今回はやりにくいだろうな…。
posted by エマ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

山手線 命名100年記念 復刻調ラッピング電車

「山手線:命名から100年 昭和30年代の車体模し茶色に」
毎日新聞9月7日の夕刊記事から。

山手線命名100年記念で、昭和30年代の国鉄の車体を模した茶色のラッピング電車が1編成運行開始のニュース。
12月4日まで運行されるそうです。

実は今朝 出張先に直行する時、電車の中からすれ違いざま、この車両を見ました!
この車体、横から見ても全部茶色なのです。
最初は阪急電車が来たのかと思いましたヨ…(笑)。
『ん?明治チョコ?だから茶色?』『山手線命名100年…へぇぇ』
朝の通勤時間帯で一瞬だったので、写メる暇もなく残念だなーと思ってました。
その後夕刊を見て、納得。

復刻調というだけあって、全体的にレトロな味わいですね。
運行終了までには写真撮っておきたいな。
それまでは写真はリンク先のをご覧ください(^^;;;
posted by エマ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

裁判員制度導入後、初裁判開始

今年5月に制度が実施された裁判員制度、いよいよ、実際の裁判が本日東京で始まりました。

ちなみにワタクシ、どこの都道府県とは言いませんが、今年の候補者には選ばれておりません。
残念だなー。参加してみたかったんですけどね。
そういう人にはお手紙来ないのよね(笑)。

最初ということでNHKではリアルタイムで特集を組むなど、全国的に注目を集めることになるのは避けようがなかったんだろうな。
でも、今日抽選に漏れて裁判員に選ばれなかった人たちが顔を出して取材を受けていたのは、ちょっと驚きました。

現在候補者となっている方は、年内いっぱいまでがその期間で、来年1月にまた改めて候補者がランダムに選ばれるのでしたっけ。
だからそれまでは、ずっと候補者。
今回は抽選から漏れても、次の機会には招集がかかり、裁判員に選ばれるかもしれないわけですよね?
テレビニュースで顔を写してしまうのは、その人が裁判員候補者に選ばれたことを大々的に広めているってことなわけで。
ほとんどはその人のことは知らないだろうけど、顔だけは知ってる人もいるでしょう。
知らなくてもいいような人にまで、知らせるメリットってあるのだろうか?

それと、実際の法廷で、裁判員が傍聴人から見られているというのも、裁判の中身によっては今後問題が出るかもしれないな。
今回の裁判では、被告は起訴事実については認めており、公判前手続によって、量刑を問うのが裁判の焦点となっているそうなので大丈夫だろうけど、例えば、暴力団が関与している事件だったとしたらどうだろう?
裁判員として、限られた傍聴人相手とはいえ顔を知られるというのは、裁判員となった人への万一の報復行為に結びつく危険はないのだろうか?

世間で話題になった事件だと、傍聴席の数を超える希望者が出て抽選になることがよくニュースになってますが、
自ら並ぶ人のほかバイトで並ぶ人もいるけど、その依頼元は、単に裁判に興味があって傍聴する人とは限らないのでは?
まして今回、第1回だからということで、今か今かと待ち構えられている「裁判員から被告人への質問」とかさ。
そんな状況では質問しにくいんじゃないのかね?
今回は裁判官からの質問で足りたようですが、初回だからといって変な注目を集めるのは不本意だと、遺族の方が手記を発表してますからね。
ともあれ、木曜まで手中的に審理が行われ、木曜には判決が下されるわけですね。

せっかく制度を導入したわけだから、今後も公平かつ迅速な裁判が行われるよう願ってますよ。
タグ:裁判員
posted by エマ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

「四国」と「やなせたかし」

17日〜19日と毎年の四国旅に出かけてたわけですが。
昨晩高知が震源の地震がありましたよね?
津波の心配はないとのことでしたが、四国の皆さん大丈夫でしたか?
震源地に近い室戸には行ってないんですけど、高知から帰ってきたばかりだったので驚きました。
それから、中国四国地方の集中豪雨。
山口県内では未だ行方不明の方もいて、犠牲になった方々や被害の大きさは深刻です。
行ってきたばかりの愛媛も、農作物への被害が出たときいています。
中国四国地方といえば、温暖な瀬戸内海をはさんで、のんびり平和なイメージなのですが、自然の猛威は容赦なく無情。
今回は市役所から老人ホームへの避難指示の遅れなど、人災の要素も大きいと思いますが、それにしても。

職場でうちの県の地図を見てみたら、老人ホームって結構山深そうなところにあるものなんですね。
交通手段は自家用車のみ、町へ出る道は1本しかない、みたいな。
そんな環境ならなおさら情報伝達が生死を分けることに直結することになるのでしょう。
やるせないニュースです。

さて、ちょっと明るいニュースも。
四国といえば「やなせたかし」さんですね。
22日、先生の御年90歳と、単独アニメのキャラ数1768体がギネス記録に認定されたお祝いを兼ねたパーティが、東京都内のホテルで行われたそうです。
ニュースはこちら

アンパンマンだけでなく、やなせたかし先生デザイン監修のキャラクターは、四国のあちこちで見ることができます。
愛媛県で走ってる予讃線の「アンパンマン列車」のほか、高知県での路面電車や、土佐くろしお鉄道の駅ごとのキャラクター、アンパンマンミュージアムがある香美市の御当地キャラクターなどなど、一見して先生のそれとわかる雰囲気のキャラクターの数々。
2009kochi_002.jpg2009kochi_003.jpg
2009kochi_001.jpg
2009kochi_004.jpg
最後の写真は、高知龍馬空港の送迎デッキ(入場大人100円)です。
土佐くろしお鉄道の後免駅のキャラクターの足元の詩がまた、いい感じ。
90歳にしてますますお元気な、やなせ先生。
今後のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
タグ:高知県 四国
posted by エマ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ラフマニノフ&ショパン

さっきの太田雄貴選手の記事もだけど、携帯メールでブログ更新してると、手は疲れるけど、メール打つのがむやみに速くなりますね(笑)。

さて今日のビッグニュース。
アメリカ テキサス州で開催されたウ゛ァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、二十歳の音大生、辻井伸行さんが優勝したそうです。

辻井さんは生まれつきの全盲で、目で他の演奏家とコンタクトをとれない分、健常者の演奏家よりアンサンブルにはハンデがあるのではないかと心配されたそうですが、
耳にした音楽を完璧に覚える力がすばらしく、全く問題なかったそうです。

彼がコンクールで弾いたのが、ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番と、ショパンのピアノコンチェルト第1番だったとか?

ラフマニノフのピアノコンチェルトはフィギュアスケートではお馴染みの曲で、私も大好きです。

また、辻井さんは以前にも、ショパンコンクールで特別賞みたいなの(すみません、正式名称職場の新聞で見たのに覚えてない…批評家賞?)を受賞されてるそうです。
きっと素晴らしい演奏なんでしょうね。

今回の優勝について私が読んだ新聞記事には「最初の一音から聴衆の心をとらえる」演奏だったとの評がありました。

いいですね。
彼のラフマニノフもショパンも、是非聴いてみたいです!
凱旋コンサートやってくれたら行きたいです。
posted by エマ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

真相は闇の中へ

11日の衝撃のニュース。
こんな時にマウスが壊れてうまくカーソル動かせないので、ケータイにて。

テレビで速報入ったから何かと思ったら、「ロス疑惑三浦元社長死亡」の報。
ロサンゼルスに移送されてくる時の映像では深刻な病気のようには見えなかったと思ったら、やっぱり自殺だったんですね。

死亡が確認された病院は奇しくも最初の事件で当時の妻(その後銃撃され死亡)が搬送された病院だったとか。
銃撃事件の時のマスコミ対応や、その後殴打事件や銃撃事件が実は自作自演だったと報じられたこと(いわゆる「ロス疑惑」)、乱れた私生活を報じられてマスコミを提訴等々、話題に事欠かない人物ではありましたよね。
「劇場型犯罪」という言葉も、私はロス疑惑で聞いたのが最初の記憶です。

何はともあれ、拘置中の容疑者の自殺を防げなかったロサンゼルスの警察は大失態ですね。

結局、事件の真相は闇の中に。
最期まで劇場型でしたね。
一番浮かばれないのは、死亡した最初の妻や彼女のお母さんでしょう。
後味の悪さが残ります。
posted by エマ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

福田総理 辞任

「21時30分から緊急記者会見を行う」

…やっぱり、の内容でしたねぇ。
今“緊急記者会見”なんて、それしか思いつかないもの。

社会的にどうかはさておき、わたし個人としては『今のうちに決断してくれて良かったわ』と思いました。
内閣の布陣がどうなるのか…大臣の交代はあるでしょうか、やはり。
となると、今のうちでまだマシだったなと。
これが10月だったら『…ふざけんナよ爆弾』ってところです。
業務上、色々なことが待たされて遅れ気味になるわけよ。
影響は思いもかけない、意外なところへ及ぶんですよ。
そこらへんへの想像力は欠けてましたね、福田君。
posted by エマ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

今のところの通信簿

先日Yahoo!ニュースにあった「ブログ通信簿」をやってみました。
ブログふたつやってるんだけども、なぜだかもうひとつのほうのスケートブログはPingがgooに飛んでないらしく、評価不能状態。
以前からping設定してあるんだけどねぇ???
Seesaaのほうは評価が出たので、貼っておきます。
ブログ通信簿7月25日付こんな感じでした。

最新10件分の記事をもとに分析されるので、チェックした時によって評価が変わるってことですね。

この10件ばかりの私のブログの内容やら、文体で判断されるんでしょうが…。
やっぱり「男」なのかねぇ。
ずいぶん前、インターネット始めたばかりの頃にそれで知り合ってメールのやりとりした方から「男性だとばかり思ってました」って言われたことがあります。
まぁたしかに、顔文字満載とか好きじゃないし(まったく使わないわけではないけど)、冗長な言い回しも好きじゃないし。
WEBに慣れてきたら話し口調も増えて、そう言われることはなくなりましたけどね。

ブログに書くときは話の趣旨によって文体を変えてるんだけど、だからかな??
まぁとにかく、ご忠告のとおり、もう少し更新の頻度を上げるよう努力してみます(笑)。
posted by エマ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

バカ大学生につける薬なし

昨日(いや今日)寝る前ヘッドラインで見て仰天したニュース。

岐阜市立女子短期大学の学生が、イタリア・フィレンツェを旅行中、
世界遺産であるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に、油性マジックで落書きをしたというんですよ。
>>読売新聞

なぜ発覚したかというと、日付とともに自分と同じグループの仲間の名前、そして大学名を書いていたから。
その落書きを見た日本人観光客から大学側に問い合わせがあったそうです。

犯行声明に自分の名前や大学名まで書いたのもバカだけど、
世界遺産に、あろうことか油性マジックで落書きという行為も、
アホかバカかと。
後先考えない、自分が楽しければよい。
本当に恥ずかしい行為ですよ。

ニュースでは個人を特定できる名前の部分をぼかしてあるけども、
それをする必要、ないのでは?
私がイタリア観光時にこんなの見つけたら、そのままブログにのせますね。
一応、大学名はぼかすかも。
当人は記念に書いたんでしょ?
冷たいようだけど、暴露されてかわいそうなんて思いませんね。

ただ、勝手に名前を書かれたほかの5人は気の毒だなと思います。
バカを友達にもつとろくなことがないですね。

大学は教会に弁償を申し出たところ、謝罪があればよいということで、謝罪文を送ったというのだけど…。
実際に落書きをした当人は厳重注意でおしまいでしょうか?
しかもデザイン科。
敬意を払うべき対象に落書きって、若気の至りで済まないでしょう。
大学で学ぶ以前に、学ぶことがあるんじゃないの?
当人、事の重大さを理解しているんでしょうか?

世界遺産だからこそ、素人が落書きを消そうと下手に手を出してかえって取り返しがつかなくなることは避けたい。
せめて「私が落書きしました」「ごめんなさい」とでもイタリア語で書かれたゼッケンでもつけてだね、
聖堂を含む世界遺産指定地域の清掃作業に1年間従事するとかね、
何らかの謝罪の意思を示したらどうなのよ?

大学側も学生に学校名に傷をつけられて、たまったもんじゃないですね。
行われてしまったことはそれとして、今後の対応が試されるときでしょうね。
大聖堂側の寛大な申し出に甘えてはいかんでしょう。
大学も、それ以上に落書きバカ学生本人も。

-------
京都産業大の男子学生も落書きしていたことが後に判明しましたね。
もうホント、バカばっかりであきれてしまいます。
「他の人もやってるから」自分もやっていいという、浅はかな判断力にあきれる。
何がダメなことか、なぜダメなのか、自分で判断できないなんてさ。
こちらは落書き消し作業に従事することも検討されているのだとか。
それはいいけど、遺産に傷をつけないよう、これが「若気の至り」としてヘタに武勇伝化されないよう、何らかの監視役も必要なんじゃないでしょうかねー。
posted by エマ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

2年4ヵ月後

今日、連続幼女誘拐殺人事件で死刑判決が確定してから2年4ヶ月になる、宮崎 勤死刑囚ら死刑囚3名の死刑が執行されたそうです。
>>Yahoo!ニュース
>>時事通信による事件の概要まとめ
>>「無限回廊」による事件のまとめ
(ちなみにこの「無限回廊」さん、各種事件の50音別・量刑別分類が素晴らしいです。ブックマークして時々チェックしているサイトです)

来年の5月に本当に実施されるのか未だ不安定な裁判員制度(ところでこれを「陪審員制度」と思っている方もいらっしゃいますが、今回導入されようとしているのは、有罪か無罪かのみを判断する陪審員ではなく、有罪無罪から量刑まで踏み込んで判断する裁判員ですね)に影響するのか、
はたまた、先日の秋葉原での無差別通り魔殺人のような凶悪事件を受けての“見せしめ”的な刑執行なのか、
ここではそういうことを論議するつもりはありません。
あのーーー、今ちょっと、そこまでの体力がなくて。

宮崎死刑囚の最高裁死刑判決が出た2006年1月17日の日記にも書いたし、
そのほかにもここで時々ふれてきたことですけども、
犯人がどういう罪になるのかどうかよりも、自分が犯した罪について内省を深めたり、なぜそういう事件が起こったかを明らかにすることのほうが重要と思うんですよ。
とはいえ、これも以前にも書いたけど、税金を使って生かしておくことの意味があるのかどうかも考えますし。
難しい問題です。

被害者やそのご遺族にとっては、また別の思いがあることでしょうけど、決して気が晴れることはないのでしょう。
犯人によって奪われた、失われた命は戻ることはなく、むなしい思いが消えることはないのでしょう。
被害者が生きていたら手にしていた様々な可能性が、他人によって絶たれた。
それを思うと、むなしく腹立たしいです。
そういう事件を起こした犯人が、自分のやったことの意味を本当に理解していたかどうか、それが疑わしいほど、後味の悪さが残りますね。
タグ:裁判員
posted by エマ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

電子マネー普及により小額硬貨の流通減少?

この連休はアイスショー見物と買い物と大掃除の残りと年賀状のネタ探しと休息に充てました。
あとM-1グランプリ(笑)。

というわけで家にいてテレビ見てたら、ニュースでこんな特集がありました。
『電子マネーの普及で、1円5円などの少額硬貨の流通が減っている』

インターネットも含めて各企業間でポイントを移行できる制度が普及していることと絡めての特集でした。
「陸(おか)マイラー」も登場。
航空会社のクレジットカードを使い、飛行機に乗らずして日常生活での支払いで可能なものを全部カード払いにして、それで得たマイルで特典航空券と引き換えるという。
…私もその一人です(笑)。

【続きを読む】
posted by エマ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。