2011年12月18日

2011年皆既月食

IMG_7360_02.jpg

IMG_7363_02.jpg

そういえば、先日12月10日から11日にかけての皆既月食。
私もベランダに三脚立ててみたのですが、角度が悪いので腰やら首やらかなり無理な体勢(笑)。
クリアに撮れなかったけど、目視できる赤い月は、自然現象の神秘を感じさせてくれましたよね〜。
寒かったけど、ちょっとワクワクできてよかった!
posted by エマ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『時計〜僕がいる理由〜』

『時計〜僕がいる理由〜』2011年12月7〜12日(AQUA studio)

【A班】
涼木ちえみ、中島大地、西岡優妃、松田真理、横田健介、吉田幸宏、大橋由紀子、生島勇輝、いち

【B班】
高橋良輔、竹内恵美、谷口洋一、東條あこ、星野ケンジ、山岸恵美子、多田明日香、生島勇輝、いち

脚本・演出:藤森一朗

A班B班で同じ台本・演出での上演。
B班の良輔くん目当てなのだけど、時間出来たのでA班も観ました。

東北から東京へ出てきた浅井家の、大正〜昭和〜平成に至る110年の物語。
予約する時に少し調べたら、10年前の初演以降たびたび再演されてきた作品で、今回からリニューアルされた脚本なのだそう。

さてさて本編。
【続きを読む】
ラベル:高橋良輔
posted by エマ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

『この世の果てまで』

『この世の果てまで』2011年11月19日14:00(シアターKASSAI)

10月の『幸福レコード』で配られたチラシにて。
この作品がBobjack theaterの外部プロデュース公演だったということで、じゃあ本公演も観たいなと。
出演者:丸山さんのブログから予約。

扇田賢 / 山田薫
丸山正吾 / 加世田楽士
宮井洋治 / 遠藤平祐
植木希実子 / 中山一美
片岡由帆 / 内山田真琴
渡辺宏明 / 中山泰三
民本しょうこ / 加世田虹子
八木橋里紗 / エンジェル(袴田樹里)
佐々木仁 / 中山不二人
山岡亜紀 / 輪島花
江島朋洋 / 輪島葉
竹村彩子 / 輪島幹
関口あきら / 沼崎治五郎

作・演出:守山カオリ (Bobjack theater)

10月の『幸福レコード』で演出を担当していた扇田さんが役者として登場。

この物語には3組のきょうだいが出てくる。
楽士・虹子の兄妹、
一美・不二人・泰三の3姉弟、
花・葉・幹の3姉弟(葉と幹の順番はちょっとうろ覚え…)

この3組のうち、上の二組を主軸に展開。

面倒な人たちがたくさん出てくる。
虹子という彼女を盲目的に愛する不二人、
その虹子と連絡がとれないのは、はなから相手にされていなかったからだと冷静なツッコミキャラの泰三、
子どもの頃から病弱だった不二人の世話につきっきりの母に代わり弟の面倒をみてきた一美。
高校卒業と同時に家出した一美が、ある日突然弟たちのアパートに転がり込んできたところから話は展開。
ここに関わってくる人たちも、歌手デビューを控えた2世の子で極度の人見知りだったり、オヤジギャグを言わないと気が済まない人だったり、何かが極端(笑)。

【続きを読む】
posted by エマ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団チャリT企画「死の町」

舞台初日割引を利用して観劇。

今月何かなかったかな〜と、いろいろなところでもらったチラシを整理してた中に発見。
「幸福レコード」の時にもらってたのだけど、そのチラシだけでは何が何だか…。

で、劇団名で調べたら面白そうなので、直前予約。

福島の原発事故を受けて現地を視察した鉢呂元大臣の「死の町」発言が報道で問題視され、結局辞任したという話。

一体、問題発言とは何が問題だったのか?
…を検証する内容。

約60分の舞台。
舞台といっても客席の椅子と同じ高さでそのまま演じる。

図解→再現ドラマ→フリーエチュード→→→
…流れがわかりやすく、原発がらみの重くなりそうなテーマだけどコメディテイスト。
ふざけてるけど、ふざけてない。

すごく面白かった。

渋谷のギャラリー・ル・デコ5にて18日まで。

------
そういえば開演までかかってた音楽がおニャン子だった。
懐かしすぎる(笑)。
posted by エマ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

松元ヒロ「松元ヒロ・ひとり語り90分 2011年ふり返り総集編」

「松元ヒロ・ひとり語り90分 2011年ふり返り総集編」(2011年12月1日 なかのZERO小ホール)

直前に大きな仕事がひとつ終わり、放心状態。
身体も心も限界の向こう側に行ってたのですが、チケット入手出来るというので急遽行ってきました。
仕事順調に切り上げて向かう…途中で爆睡。乗り過ごさなくてよかった。

政治の話、原発の話、「祝の島」に行った話、テレビに出られない話等々。
冷房温度を上げろと節電を呼び掛けるテレビ放送、テレビを消すほうがよっぽど節電効果が高いのに、それは決して言わないテレビ放送。
「絆」「がんばろう日本」素晴らしいことだけど、あまり声高に言われてるとひとくくりにまとめられるようで嫌だ、それでなくてもまとめられるのが嫌でニュースペーパーを脱退したのに。
何でも最後に「人間だもの」と付けると相田みつをの作品ぽくなる。国にとって都合のよい、国民の自己責任を説いているものだという話。

画家・香月泰男
山口県長門市に仕事で訪れた際、空き時間に地元の方から案内された香月泰男美術館で香月の生きざまに感銘を受け、4時間も滞在した時の話。
徴兵、満州からの絵手紙、シベリア抑留、「私の地球」等々。

そして立川談志師匠の話。

【続きを読む】
ラベル:松元ヒロ
posted by エマ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

ダメじゃん小出『負け犬の遠吠えvol.25』

『負け犬の遠吠え』vol.25(20011年11月26日・浅草木馬亭)

予約した10月下旬に想定していた以上に今月は忙しく、正直ライブどころでは…という月末になってしまいましたが、予定どおり友だちと行ってきました。

----------------------
オープニングトーク〜巨人騒動やら野田やら

相田よつを

トーク〜東松島ボランティア・続編

小編3つ〜黄門様、アリとキリギリス、がんばろうくんと絆くん

はじめてのおつかい〜初海外・スペイン大道芸の旅
----------------------

余談だけど、途中から、一番前に座ったオッサンがものすごい高いびきをかき始めたのにビックリ。
かなり初期段階から舟こいでたんだけど、まさかいびきまで。ライブ中ほぼすべての時間寝てたな。
「アンタ、何しに来たん?」状態。
寝るつもりなら(寝そうなら)いちばん後ろに座るとか…いや、あのいびきなら一番前まで聞こえてきたろうな。
それはそれで気になるしなぁ…。
上で行われていた大衆演劇のほうが安かったし、そっちに入ったらよかったのに。
それはそれで上も迷惑でしょうが(苦笑)。
私もここ数日の疲れが抜けなくて若干眠かったんだけど、開演直前一瞬寝たので(笑)ちゃんと起きてましたよ。

さて、ライブなんですが。

覚えてるかぎり柱を書いてみても思うけど、ネタの数が少なかった気がします。
最後のスペイン話は、写真や地図を示しつつの全編トーク。
いちばん時間を割いてたし、話が破綻してたわけでも面白くなかったわけでもないのだけど、最後のネタとしては弱かったですね。
全体の時間はたぶん90分程度で、いつもどおりだったと思うのですが。
とても低いテンションのライブだったなと思いました。
私自身も仕事が忙しくてライブどころでない気持ちがあったけど、小出さん自身もテンション低かった気がします。
【続きを読む】
posted by エマ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

緊急事態

秋になり、おかげさまで忙しい日々なのですが。

そんな中、夜になって仕事関係の大物の訃報が。
一大事です。

もともと色々重なり慌ただしい時期ではあるのですが、
訃報対応は葬儀だけでは済まず、今後しばらく続きそう。
少なくとも年内いっぱいは確実に。
年明けも、おそらくは。
今後の方針を協議する必要もあり、今やっている業務も大幅修正を要します。
取り急ぎ考えなきゃいけないことがたくさん。
差し当たり、来週半ばまでの私的予定は白紙で待機。

諸々、どうなってしまうのかなぁ。

もちろん、どうにかするのが仕事なのですが。

大変お世話になった方なのです。
サプライズ的ニュースをお聞かせできたらよかったけど、出来ないままでした。
きっと喜んでもらえたろうに。
精神的に恩返し出来ないままでした。

------

東日本大震災の被害の多くを発生させたのは、地震そのものよりその後の津波ですが、
逃げ遅れて巻き込まれ、九死に一生を得た方の証言が印象的でした。
沿岸地域で、地震発生後すぐ避難せず、倒れた家具の片づけをしていたために逃げ遅れてしまったのですが、
これは、人が異常事態に遭遇した時、平常心を取り戻すために、それまでの習慣や日頃何気なくとっている行動をする反応なのだそうです。

------

訃報の後、現時点でこの日に出来ることはすべてやったつもりです。
こういう時こそ冷静にと日頃から思っていますが、あちこち電話連絡している最中、次の言葉に詰まることがたびたびありました。
自分では冷静なつもりでも、頭の中身がまとまっていない状態。
順番に流れるようにとはいきません。

私も、平常心を取り戻すために、極力、ふだんどおり過ごそうと思います。
ブログ書くのも、その一環。
書く行動の力は偉大です。

明日は祝日。
金曜を休暇にして連休にする方もいらっしゃるでしょうか。
私はもともと出勤予定でしたが。

皆さんは、どうぞ良い週末を。
posted by エマ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人から一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

『幸福レコード(ハピネスレコード)』

『幸福レコード(ハピネスレコード)』2011年10月18、22、25日(横浜・相鉄本多劇場)

相鉄本多劇場25周年記念公演だそうです。
同じ劇場でもうひとつの記念公演舞台「男子ing!!」と入れ替え公演という珍しい日程。
セットの入れ替えとか大変じゃないのかなぁ??

さて『幸福レコード』。

伊嵜充則 / 宮坂春彦(売れない作家)
高橋良輔 / 池内創(とある政府機関の男)
仲川遥香(AKB48)/ 西尾セツナ(幸せを集めている少女。入院中)
松原夏海(AKB48)/ 真野深海(セツナの入院患者友だち)
河村唯(アイドリング!!!)/ 赤星珊瑚(すみれの妹)
今井ちひろ/ 宮坂すみれ(宮坂の妻)

熊野義啓/ 伊勢崎三郎(宮坂の親友)
丸山正吾(Bobjack theater)/ 密田英介(池内の同僚)
藤原真紀子/ 真野千歳(深海の母。出版社編集部所属)
前田峻輔/ 麦倉紺(千歳の部下)
民本しょうこ/ 中野暦(宮坂と伊勢崎の学校の後輩。キャバ嬢)
渡辺ありさ/ 恩田永遠子(暦のキャバクラの後輩)
相楽清仁/ 水島泳児(宮坂家の隣人)
釜野真希/ 芳賀唯子(病院の看護師)

脚本:守山カオリ (Bobjack theater)
演出:扇田賢 (Bobjack theater)

調べたら、2009年にBobjack teaterが上演した舞台を外部で再演したということになるようです。
その時に池内役をしていた丸山さんが、今回は池内の同僚役。

【続きを読む】
posted by エマ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月に観たもの(5)『黒く塗れ!』vol.15

2011年9月17日(土)横浜にぎわい座野毛シャーレ

感想書くの、ちょっと順番前後しましたが。
どう書いたらいいものか迷ってしまって。
でもこの時こう思ったというのを書きとめておこうと思います。

-------
以前と比べ、つまらなく遠く感じたのはなぜだらう。
元々ユルい笑いだったと思ふが、本日は、いと小さきものに感じ入り候。
私が「上から目線」の域に到達したといふことだらうか。

…ちょっといつもと違う風に、少し古典調に書いてみたけど、ダメか。


京急プラレール…列車のモーター音まで出るようになってるものなんだけど。
そのレールをお客さんが持って、そこを走らせるだけのネタタイム。
レール持たされてたお客さんたちが楽しそうにしてたのでちょっと面白かったけど、それにしても安直だよなぁ。
家にある子どものオモチャ持ってきただけだものなぁ。
…え?あれは大人のコレクターズアイテム?
いやそういうことじゃないわけよ。


私はね、芸人は少しくらい不幸なほうが面白いと思ってます。
少しくらい破天荒でも、人としてダメでも、表舞台が面白ければ、それでいい。
ちょっと、そういう意味ではパンチが弱かったな。


「AKG15%」
“暑い、暗い、我慢=15%節電”をバンドにしました(笑)。
弦をすべて節約中のギターはフェンダーだろうか????
にぎわい座地下建屋で歌うキャラというと、袖ヶ浦リョウを思い出すなぁ。
あの時は客席からお題をもらってたっけ…。

「あいだよつを」
フリップ+ポエム芸。
これもしかしてシリーズ化するつもりなのかなぁ…。
前にもこういうテイストでやったことなかったっけ?
フリップないけど、ブランデーグラス回してるっぽいキャラで。


他にもいろいろあったのに、忘れてしまいました…。
なんてこった。
我ながら記憶力に年々自信がなくなっていきます。
しかも記憶の基準が必ずしも上から順番でもないってのがまた…。


直感ですが、なんだか今回は「なんとか間に合わせた」感を受けました。
前回の「黒く塗れ」の感想にも書いたけど、やっぱり、いろいろ難しい状況なんだろうなという気がします。
いろいろの中身はそれこそいろいろでしょうけど、本人じゃないからわかりませんが。
なんというか、全体的にエネルギー不足な感じがしました。
何かを風刺したり皮肉ったりするにはエネルギーが要りますよね。
もしかして今そういうことをしたい気分ではないのかも? とも思いました。
本人と話したわけじゃないから、私がそう感じたというだけの話ですが。
5〜6年くらい前だったか、以前にもあったなぁ。
いつぞやの「負け犬の遠吠え」、冒頭の小ネタが一番おもしろくて(といってもあくまで序章に過ぎず…)、後は何をしてもなんだか締りがなくグダグダと下降線の一途をたどったことがあったんだけど。
あの時のことを彷彿とさせました。
いや、今回のほうがあの時よりはずっとちゃんとしてたけどさ。


あと、今年は小出さんがずっと出演し続けている大道芸ワールドカップが20周年で、ジャパンカップが復活。
圧倒的人気を誇りながらノータイトルの小出さんが栄冠をつかむチャンス到来の年なわけです。
秋の大道芸イベントシーズンを前に、
『今年はそっちでがんばってくれればいいよ』と思ってしまったのが本音です。


そりゃね、いちばん高いところに立てれば素晴らしいけど、
一方、またタイトルに届かなかったとしても、それはそれでオイシイよな〜、とも思うんですよね。
だって「伝説」にはなれるでしょ?
たくさんの人の記憶には残るでしょ? 

フィギュアスケートだって、4度も世界チャンピオンになりながら、4年に一度のオリンピックだけは3回出場して一度も表彰台に立てなかった人もいるもの。
今もプロとしてアイスショーに出続け、アマチュア現役選手からも同じプロスケーターからも尊敬される、カナダのエンターテイナー、カート・ブラウニングのことですが。
私がいちばん好きなスケーターです。
世界チャンピオンのタイトルはあるけど、五輪はまた特別なものなんですよ。
どんなにか悔しかったろうか。
でも、彼は記録にも記憶にも残る存在。

わたしは、ダメじゃん小出も、そういう存在になってほしいのです。

これ書いてる今は10月28日。
来週、どんな展開が待っているのか?
泣いても笑っても、時は来る。
posted by エマ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

9月に観たもの(4)劇団なんでやねん『Missing Link』

劇団なんでやねん『Missing Link』2011年9月23、25日(シアターサンモール)

見てからもう1か月たっちゃったか。
1か月なんてあっという間だわ。

さて、第1弾『RING WANDERING』から数か月しか間を置かず実現した第2弾。
「次はサスペンス」というだけの情報から、まったく違うものを想像していたのだけど、第1弾の続きになりました。
しかも人数が増えて、男ばかり総勢17人。
多いなぁ(笑)。そんなにいっぱい舞台に載るんだろうか???

前作と同じ舞台。時はその1年後。
スタージャクソン第14東京本部所属の縄跳戦隊トブンジャーの神埼は、今回育休中。
今回は選抜された新人3人の研修から始まる。
一日所長を迎えるのとその取材と新人研修が重なり夏休みもとれない中、リーダーとサブリーダーは喧嘩中。
そんな中、事務所で殺人未遂事件が発生。
犯人は誰か?
動機は?

-----------

森本亮治 / 天王寺龍平(縄跳び戦隊トブンジャー・ダークブルー)
林剛史 / 奥多摩川翔(縄跳び戦隊トブンジャー・スカイブルー)
永田彬(RUN&GUN)/ 海野一平(マスクライダー・プラネット)
高橋良輔 / 神童一平(マスクライダー・フォーチューン)
矢吹卓也 / 東村山学(縄跳び戦隊トブンジャー・パーフェクトブルー)
葉山昴 / 本郷猛(新人)
丸山敦史 / 山田やすし(新人)
加藤良輔 / 御座間黒羽(元ボール戦隊マルインジャー・ブラック)
与那嶺圭太 / 千葉真太(新人)
門野翔 / 代田響(週刊誌のライター)
浅井純 / 如月幸次郎(新人)
鬼束道歩 / 薬丸宗吾(?)
竹尾一真 / 岡田(メカニック担当者)
外山国義 / 姫野鉄春(マルチタレント)
椿隆之 / 氷室健太郎(縄跳び戦隊トブンジャー・ディープブルー)
山崎和如 / 松金松男(事務員・元焼酎戦隊ワルンジャー・レッド)
山岸拓生(拙者ムニエル) / 水洗浩次(所長・元焼酎戦隊ワルンジャー・イエロー)

-----------------
【続きを読む】
posted by エマ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。